スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネパールのまとめ (下)

2009.06.19 ▲ネパール
IMGP9379

【人】
ネパールには、37の民族がいると言われる。
それをさらに地理的・文化的な差異で細分化すると、100以上のグループに分かれる。
言語も同様、100以上に分類できると言う。
これが“平面に広がる差異”。

それに加えてカーストがある。
これは“上下に広がる差異”。

カーストは上から順に、
①バウン(ブラマン)~もともとの司祭階級。ヒンズー教のお坊さん
②チェットリー~武士・貴族階級
③タマン、グルン、マガルはじめ、様々な民族横並び
④仕立て屋(!!)、鍛冶屋など
であるという。

数百年前、南方からヒンズー教を持ち来た①②の人たちがカーストを定着させたとのこと。
なので、その他のほとんどの民族集団は③に分類され、
特別に“卑しい”とされる集団が④となっているようだ。

ちなみに「カーストの元祖」インドでは、
現在、人口の半分以上が①に当たるバラモン階級を名乗っているという。
法的にカーストは否定されているものの、上流カーストである方が“得”だからだろう。
非常に現実的な処世といえる。
それと比べた場合、むしろネパールの方がカーストは頑固に根強く残っているのかも知れない。
田舎なのだ。

「バハドールさん」というミドルネームの人が多い。
バハドール=勇者の意。
②チェットリ、③グルン、マガルなどに多いのだが、
古来、グルカ兵など、戦士として活躍した人が多いからだと言う。

コスモポリタンなカトマンズでは、それほど強くカースト意識は無いようだが、
田舎に行けば今でも、外国人は“カースト外”として差別の対象に成ることもあると言う。
ただし、よく見ていると、カトマンズでも意外とみんな無意識のうちに意識している。
「あの人はブラマンだから…」というような言い方をよく聞く。
「…」の後には、畏敬の念があったり、分かり合えないという気分がにじみ出てたり、様々。

顔立ちは大きく分けて、アーリア系とモンゴロイド系に分かれる。
滞在初期には、ネパールは東西南北、様々な人種の交じり合った国という印象があったが、
これもまた、結構みんな、お互いの違いを気にしている。
モンゴロイド系の人からは、
「オレ達は同じモンゴリアンだから、仲良く出来るぜ」ってなことをよく言われる。
実際、我々からしても、とても親しみやすい顔つきをしている。
上の写真は、とある地域からカトマンズに移り住んだ人たちのお祭りだが、
日本で町内会の盆踊りに参加しているみたいだった。
なお、モンゴロイド系は、ネパール人口の半分くらいを占めるという。

また、非常に多くの人たちから、
“親戚・兄弟・友達が、外国に行っている”という話を聞く。
留学だったり、仕事だったり、結婚だったり、と様々。
背景としては、収入UPのため。また、国が信用ならないから。というところか。
生きる為の個人の知恵であろう。たくましい。



【お金】
カトマンズの物価(1Rs=1.2円)
宿    ドミトリー100Rs~、シングル250Rs~
飲食   ダル・バーツ(定食)50Rs~
     麺 40Rs~
     モモ(餃子)50Rs~
     とんかつ定食 200Rs~
     ミネラル・ウォーター 10Rs~
     ミルク・ティ 5Rs~
     ロクシー(焼酎)一杯 10Rs~
     ビール(650ml)120Rs~
     ウィスキー(180ml)150Rs~
煙草(20本)フィルター無し 12Rs~ 
      フィルター有り 25Rs~
      マルボロ 85Rs

ゼロひとつ付け加えると、日本での物価と同程度になり、相場観がつかみやすい。
宿がシングルで2500円から。
麺が400円から、と考えるとしっくり来る。
ただし、ビールは1200円相当。ビールは異常に高いのだ。

とはいえ、そもそもカトマンズの物価は高い。
外人向けのカフェだと、紅茶やコーヒーが一杯100Rs以上のところがザラ。
カトマンズの20歳代若者の賃金がだいたい2000~5000Rs前後であることを考えると
格差が甚だしい。



【NGO】
政府間援助では、日本国の援助額が一番多いという。
NGO大小合わせて100以上の日本の団体が関わっているとの話。
自分の泊まっていたシエスタハウスは、
売上の5%が援助資金に寄付され、NGO関係者が多く泊まる宿だった。
そこで出会った印象的なお二人について。

お一人は「ヤギの会」の是政さん。
岡山の農家の方で、18年前からネパールへ毎年1月~3月の閑農期に来ているという。
「発展途上国いうもんは、一度片足突っ込んだら、もう最後まで面倒見んといけんと思ってしまうんじゃ」
と岡山弁で熱く語って頂いた。

氏は日本で長年にわたり、昔ながらの有機農業をやってきたという。
その目で見た、ネパールの農業の改善点を幾つか教えて頂いた。
まず、家畜や人間の糞尿を肥料として使わないこと。
「ここらの下水は全部川に流してしまう。お陰でバングラデシュの農地は肥えとるんじゃ」と。
また、食用肉を肉と骨とに分けないこと。
ネパールで肉を買う時、骨ごとぶつ切りにした物をキロ幾らで売り、骨は捨ててしまう。
本来なら、骨は良質の肥料になるのでもったいない。

今の目標は、農業と畜産を総合した循環型の農業モデルを一つの村で完成させ、
そのモデル村を基点に、他の村へも広げて行くこと。
長年、化学肥料に頼らない有機農法をやってきたからこそ、
この国でそれを教え、自立の道しるべになれるのだと熱く語って頂いた。


お一人は、清沢洋先生。
「NGOネパールカルナリ協力会」の事務局長。
元々高校の教員だった頃、空き缶を集めて換金し、
ネパールに学校を建てたことから、ボランティア活動に携わり始めた。
今ではもう、ネパールとの関わりは18年になるという。
ネパールでは地方に行けば行くほど政府の手が届かない。
“カルナリ”地区とは、ネパールの西端である。
車道で行ける所から、数日歩く村まで訪れ、学校建設の援助をしている。
先生いわく「教育援助というのは、学校建てて終わりじゃ済まない」。
国力の基は教育である。が、子供達に教育を受けさせるためには、
家から労働力を割いてまで学校へ行かせるために親の理解を得ること、
勉強に専念するには、医療・衛生を向上させること、などが必要となる。
よって食糧問題や医療問題も関わってくる等。
非常に熱心に語って頂いた。
活動を記した著書もお持ち。

僕がホームステイで訪れた前述のブジュン村は、
学校や水力発電所など、日本を含む外国からの援助が入った恵まれた村だったが、
子供達から「お金ちょうだい!」って、よくねだられ困惑した。
子供は正直だから思ったことを口にするのか、と思うが、
“お金はもらえるもの”という意識が根強くあるとしたら、怖いことだ。
新聞を見ていても首相が外遊し、どこどこの国から幾らの借款を取り付けた、
なんてニュースが多いし。
長年にわたる諸外国からの援助の結果、「援助体質」が着いているのか?

援助といっても、ただ何かを建てたり、何か与えたりで済むものではない。
どうやったら将来的に援助なしで自立してやっていけるか?に主眼を置いたものが良いはず。
まず満足に食えるように農業の自立を促すこと。
また、自分達で考え、行動できるように教育を促すこと。

そうしたことを実地に赴き、地域住民とともに問題に取組んでいる彼らの言葉は、
熱く、迫力があった。





【まとめのまとめ】
経済格差が甚だしく、政情が不安定。
国内の意思を統一しようにも、なんとなく民族ごとに差異を感じているネパール。
国家、政府自体が王制の頃から信用されていない。
ある人は、個人の裁量・力量で豊かになる術を見出そうとする。
ある人は、援助の手を求めている。

それはそれで面白いと思った。

ネパールでは、とても“良い顔”をした人をよく見かける。
頑張ってるんだか、遊んでるんだか、良く分からない時もあるが、
良い表情、良い目付きをした人がたくさんいる。
自分で自分の人生を生きている、という人が多いのだろう。
そんな人がいる限り、大丈夫なんじゃないでしょうか。











▼ブログランク参加中です。
クリックすると順位が上り、より多くの人に見てもらえます。
お一人様一日1クリック、よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ネパールのまとめ (上)

2009.06.18 ▲ネパール
IMGP5938

【ことば】
カトマンズに来て最初の頃、ネパール人たちが、
やたらと「チャイナ!」というのを聞いた。
そういえば市内に中国人の姿が多いし、漢語の看板もよく目にする。
数年内にチベット鉄道をネパールまで延ばす計画がある、とも聞いている。
なるほどカトマンズでも中国人は話題を集めているのだなぁ、なんて思っていた。
しかし、何のことは無い、
ネパール語で「チャイナ」というのは、「無い」という意味だった。
「チャ」=「有る」、「チャイナ」=「無い」
そりゃよく使うはず。
皆さんもよっく覚えておいて下さいね。

ネパールのテレビ番組はインドのチャンネルが多い。
いったい何チャンネルあるものか?尋ねてみたのだが、人によって答えが異なる。
ある人は30だと言い、又ある人は80もあると言う。
正確な数こそ分からなかったものの、純ネパール産のチャンネルよりも多いのは確か。
お陰で、世界一の生産量を誇るボリウッド映画を毎日テレビで楽しむことが出来る。
ことあるごとに歌って踊っての華やかなアレですね。踊るマハラジャ系のアレ。
斬新かつ大げさなカット。リアリズムを徹底的に排除した展開。
見ているうちに、インド人とは何と幸せな人達だろう、と感じ入る。
「別に好きでもないのに、
 耳に刷り込まれているから歌えちゃうんだよ。
 ボリウッド・ソングを。」
とは、ネパールの友人からよく聞いた言葉。

ボリウッド映画はじめインドのチャンネルは、当然ヒンディ語である。
映像や音楽でヒンディ語に親しんだネパール人たちは、
ごく自然にヒンディ語を解する。
日本語が堪能なネパール人いわく、
「ヒンディとネパーリの違いは、東京弁と大阪弁くらいですよ」と。
逆に、インド人は、ネパール語を理解しないと言う。
インド人は、理解“出来ない”のではなく、“しようとしない”のだろう。
力を持ち、求心力のある言葉の使い手側が、マイナーな言語にすり寄ることは少ない。
佐渡弁をマスターしようとする東京出身者がどれほどいるか?

なお、これまでネパール語と言ってきたのは、あくまでネパールの共通語のこと。
カーストの上位にいるブラマン、チェットリが使用している言語がそれである。
それ以外に各カースト・民族グループごとに100以上の言語があるという。
日本語の方言感覚ではなく、かなり異なる言語系統のものも多い。
ネパール人が英語や日本語等、外国語をよくする理由は、
もともとバイリンガルな環境にいるからだろうか。



【モノ】
ネパールは世界で唯一ヒンズー教が国教の国である。インド人もびっくり。
神聖な牛は食べてはいけない。その代わり、みんな水牛を食べる。
シロウト目からしたら何が違うのかは良く分からないが…
Q.牛は食べないの? A.もってのほかだ!
Q.水牛は大丈夫なの? A.おいしいよ! 
とのこと。
日本語では牛と水牛は字が似てるだけにとても近しいように感じるものの、
言語体系が違えば、すごくかけ離れたものなのかもしれない。
猿と人間ほどに。
昔の日本の肉屋さんには猿肉が売られていたというし。
ちなみにネパールでの肉のランクは、マトン>鳥>豚>水牛 の順らしい。
お値段は、水牛1kgあたり200Rs(250円相当)

ヒンズー教の儀式では、ヤギが犠牲に捧げられる。
現在、日本からネパールへの直行便は無い。
それというのも、
唯一の路線であったロイヤル・ネパール航空のジェット機が故障し、
再起不能になったからだという。
ジェット機が故障したとき、メカニック総員で対処したが、ダメだったらしい。
その後、ヤギを供えてお祈りもしたらしい。
祈祷は数度に及び、ヤギを七頭までも犠牲にしたが、力及ばず、
ジェット機は復活しなかったという。
ヤギの冥福を祈る。

車は、TATAとSUZUKIの二大勢力。
タクシーなど小型車はSUZUKI、バス、トラック、ジープ等大型車はTATAが多い。
チベットから国境を越え、最初に乗り込んだ乗り合いトラックもTATA製だった。
乗車後3分で故障で動かなくなったのも、今は良い思い出。
ただ、TATA車の名誉のために言っておくと、
TATA製トラックやジープは、本来ならば酷使に耐える頑丈さを持っている。
乗り心地うんぬんでは無く、鉄鋼工場から抜け出してきたかのような、
重厚にして剛健なつくりが売りである。
そしてSUZUKI大健闘。
インドの工場では工員教育用に映画を作っているらしい。
インド人は映画が大好きですからね。
インド人のニーズを正確に汲み取っているSUZUKI。立派です。

どこの商店も、インドの製品が多く目に付く。
特に食料品、日用品など。インド製のビスケット、ウィスキー、洗剤など。
電機関連については、中国製が優勢。
携帯電話は、中国製が人気で、5000Rs(6000円程度)が相場。
新聞でも“iphoneを超えた!”中国製タッチパネル式携帯電話の特集をしていた。
中国製は安価にもかかわらず、MP3で音楽が聴け、映像も見れ、
しかも音量がケタ違いに大きい、と若者に大人気。
(そりゃそうだろう。声の大きな中国人が使うのだから。)
ただし、自分の定宿で働くスタッフは、中国製携帯電話を買った2週間後に壊れていた。
また、停電の多いカトマンズでは、小型LEDライト付きのライターが重宝される。
ただし、オイルを半分も使い切らないうちにライター頭の着火部品が壊れる。
これがまた見ごとなほどに、いつも。

「Made in china アザ・チャ ボリ・チャイナ」という、
小粋に韻をふんだ言葉が流行っている所以である。
意味は、「Made in china、今日・有って、明日・無い」。
先ほどのフレーズの応用編ですね。

カトマンズの大学生の間では、“3M”という言葉があるという。
Mとはすなわち、①モーターバイク、②モバイル、③マネー。
女子にもてる3大条件だと言う。
昔、日本でも“3高”なんてのがあったっけ。
背が高い、高学歴、高収入だったっけ?
バブルの頃だったけか?
資本主義経済が上向きの時、いや、バブル的に浮ついているとき、
こうした現象が起きるのは共通しているのかも知れない。
それほどまでに、カトマンズではあらゆる物価が上昇中。インフレも甚だしい。
とあるホテルスタッフは、
1年前のガイドブックを盾に値切ろうとする旅行者がいて困ると嘆いていたが、
この1年でも物価は30%ほど上昇している。

ことの由来はカトマンズの人口が膨張しすぎたことにあるらしい。
10年前、カトマンズの人口は60万人程だったという。
それが今や250万人にまで膨れ上がっている。
内戦中、原始的共産主義を掲げるマオイストの標的になるのを逃れ、
地方からお金持ち達が一斉にカトマンズに集まったと言う。
その結果が、人口の4倍増。
地価が上がり、生鮮品・食料品の値段も上がり、
渋滞も増え、排ガスも増え、停電・断水も増えた。
地方の農地を放棄して都会に出てくる人が増えていることも、
農産物の値段をあげることに寄与している。

R0011593
[TATAトラック。重厚感溢れるフォルム。]

IMGP5676
[停電の多いカトマンズ。 
 たまにはロウソクも趣きがあって良いな。と最初は思ったが、毎日が停電だった。
 カトマンズでは地区ごとに時間差で計画的に停電させている。]


長くなりましたので、つづきは明日。
乞うご期待!











▼ブログランク参加中です。
クリックすると順位が上り、より多くの人に見てもらえます。
お一人様一日1クリック、よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


女子写真@カトマンズ

2009.06.15 ▲ネパール
IMGP8708

「私が話しかけないとき、彼女は死んでいる。」 映画『ラ・ジュテ』より


物語の中には、二つの時間の流れがあって、
主人公は、その二つの時空を行き来する。

一つの時間は、彼が彼女と会っている時。
もう一つは、彼が彼女と会っていない時。

彼女は、彼とは同じ時間に住んでいない。
過去なのか、未来なのか?
記憶の中なのか、夢の中なのか?
それは明らかにされない。


『ラ・ジュテ』は『12モンキーズ』の元ネタになったが、
紙しばい仕立てのモノクロ短編は、不思議に詩的で哲学的だった。
今でもよく、この映画のセリフを思い出す。


人はどこまで、在るがままの世界を見ることが出来るのだろう?
考えれば考えるほど、心許なくなる。
夢の中で旅をしていたかと思えば、目を覚まし、あばたもえくぼと目をつぶる。
夢や記憶と現実がごちゃまぜになって、時間は進んでいく。

ふと、昔おとずれた街の風景を思い出す。
その時の空の色や、静けさ、セミの音などを思い出して、
二度と戻らないその瞬間がとてもいとおしくなる。
その光景が、もう死んでいるからだろう。
再び、同じ場所に同じ季節に訪れたとしても、
そこは、同じところでは無いのだ。

人も街も、ずっとあの時と同じではいられない。
じゃあ、ひとつ所に留まり記憶を大切に抱いて生きればいいのか?
いや、行くのも同じ、留まるのも同じだ。
死んでいくのは悲しいけれど、行かなきゃいけないのだ。



なんて、失敗作の写真を見ていたら、
感傷的な気分になりました。












▼ブログランク参加中です。
クリックすると順位が上り、より多くの人に見てもらえます。
お一人様一日1クリック、よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

街角写真 ~カトマンズ~

2009.06.09 ▲ネパール
IMGP5897
[スワヤンブナート寺院(別称、猿のお寺)にて。仏塔に顔があるのが名物。]

所により新しいビルに建て代えられているものの、
まだまだ旧い建物が残っているカトマンズ。

ヒンズー教、仏教ともに盛んな街だけに
寺院をはじめ、長い歴史を持つ建築も多い。

建物と生き物中心にカトマンズを紹介します。




IMGP5893
おなじくスワヤンブナート寺院にて。猿の親子。


IMGP5688
日本では廃れてしまった人力車も健在。こちらでも“リキシャ”と呼ぶ。


IMGP6950
ヒンズー教の修行者。


IMGP7006
カトマンズ・ダルバール広場。
張り出した窓が特徴的なネワール建築。


IMGP6869
古都パタン。
カトマンズ盆地には歴史上、カトマンズ、バクタプル、パタンの三都が存在した。


IMGP6758_1
池の中のお堂には、年に一度だけ、国王が礼拝のために訪れた。
現在王制は廃されている。


IMGP8650
カトマンズ随一の市場街・アサン。
ここの風景は、40年前から変わっていないそうだ。


IMGP9025
同じく、市場街アサンにて。マオイスト主導のデモ行進。
5月4日、連立内閣を主導していた共産党マオ派が連立から脱退。
以降、政党間の対話を放棄し、デモ、ストライキ等の手段による勢力拡張を目指している。


IMGP6193
パシュパティナート寺院。シヴァ神を祭る。
インドも含めたヒンズー教圏で、四大シヴァ寺院の一つ。
祭りの日には、インドからも多く参拝者が訪れる。













▼ブログランク参加中です。
クリックすると順位が上り、より多くの人に見てもらえます。
お一人様一日1クリック、よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ネパールのお祝いごと

2009.05.29 ▲ネパール
お祭り好き、お祝いごとを大事にするネパール人。
1週間に一度は街でお祭りをやっているし、
人生の節目節目でお祝いごとを欠かさない。


IMGP6610
【結婚式】
結婚パーティは、数日間に渡って行われ、
親戚・友人・ご近所さんなど数百人、時には数千人規模になる。
食べ物あり、飲み物あり、踊りあり、と華やかである。
花嫁にはご祝儀を渡すが、花婿には無いという。
男はつらいね。



IMGP9052
【成長祝い】
子供が6ヶ月になった時にお祝いをする。
家族が晴れ衣装に着飾り、集まった人たちに、ご飯やお酒を振舞います。



IMGP9008
【引越し祝い】
カトマンズ郊外には、モダンな新築マンションが増えている。
お値段数千万円。もちろん集まった人達に大いに振舞う余裕もあります。












▼ブログランク参加中です。
クリックすると順位が上り、より多くの人に見てもらえます。
お一人様一日1クリック、よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。