スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新疆のまとめ

800px-Kokbayraq_flag.svg
[キョク・バイラム。東トルキスタンの旗。]



【人】 
09年7月5日のウルムチ事件後、
新疆の各都市では軍隊や武装警察による「警備」が強化されていた。
また、流言を阻止するという目的で、
インターネットや国際電話の利用が停止していた。
こうした状況に対する評価は、新疆内でも西部と東部で温度差があるようだった。
東の方トルファンでは、
「60年間これほど大きい事件は起きなかった。今回のは稀な事件。
 通信手段が一時的に遮断されるのも仕方が無い面がある。」と、比較的温厚な感じ。
西の方カシュガルまでいくと、もっと激越な政府・漢人批判を聞いた。

漢人が増えている?
統計上、人民共和国になってから漢人が一気に増えたものの
概ねウイグル人の増加率の方が高い。
特に90年代以降は漢人の増加率はさほど伸びていないようだ。
漢人一般は新疆は危ない所だと忌避しているようで、
わざわざ移住する者も減ってきた、というところか。
もちろん絶対数は多いが。新疆人口2000万人中漢族は800万ほど。
また、カシュガルに関しては、
25年前には漢人はほとんどいなかった、という話も聞いた。

そんな中、地元人と漢人が、互いに相交わらないのが目に付いた。
その様子は街の造りや、列車の中などに見て取れる。
街。
チベット・ラサなどもそうだが、
旧住民の住むエリアと漢人主体の新市街は分かれている。
もっとも、そうした街の造りは、「少数民族」の街に限らず
中国全土で言えることかも知れないが。
列車。 
クチャからカシュガルへは硬座に乗ったが、ウイグル人率およそ99%だった。
寝台車両には、漢人ばかりだった、とは寝台に乗車した人の言。
4人乗合いタクシーでの話。
既に僕と漢人2人の計3人が乗っていた。あと1人乗れば満席。
ドライバーが客が1人見つかったと言ってきた。
「ウイグル人だけど良いか?」と先客3人に聞く。
漢人二人は拒否し、空いている1人分の席代を、
先客3人が出し合いことになり、出発した。




【世界観、日本観】
トルファンはそれほどでもなかったが、
カシュガル辺りまで行くと、けげんな目をされる事が多くなった。
漢人と間違われてのことだと思うが。
反漢意識は東低西高ってところか。

抗日戦争ドラマに出て来る日本軍を応援する。
「関東軍、好!」
こちらが当惑する程に、あけすけに言う。
1963年の中印国境紛争で、実際に戦ったのはウイグル人と聞いた。
崑崙の地理を良く知り、馬術に長けていたので強かったのだ、という。
武器はロシアや旧日本軍から流れたものを使用していたという。
そんな話をこちらが日本人と見るや、嬉しそうに話してくれた。
しかし、日本人=漢人を殺す奴ら=良い奴、
という単純な図式で親日を説かれても、こちらとしては微妙な気持ちである。

“ウイグルの古称は「ON」。これは「NIHON」の『ON』と重なる。”
という話は、複数人から聞かされたので結構流布しているのかも知れない。
こうしたネタが真剣に語られているのも、
反漢意識の高さの裏返しなのだろう。

以下、とあるウイグル人のテュルク観。
テュルク諸民族の中で、「ウイグル人は母、トルコ人は父」。
我々には二人のムハンマドがいる。
一人は預言者ムハンマド。
もう一人はトルコ・イスラムの父、マフムッド・カシュガリだ。
テュルク諸民族の間では、基本的な語彙に共通するものが多く、
諸民族間で言語は似通っており、お互い70%は通ずる。




【もの】
料理はうまい。肉(特にヒツジ)が主体なので、好き嫌いはあるかも知れないが、
肉食人間には嬉しい限り。
前にも紹介したラグマン(ぶっかけ麺)カワップ(串焼)ポロ(ピラフ)の他にも
酸肉湯(トマト、野菜、肉などのスープ)、ソーメン(炒麺)、湯餃etc。
中華の波にもまれているだけあって、いずれもウマイ。
串焼をつまみながら酒を飲むことも出来るのも、こちらとしては嬉しい所。
ただし食堂内は禁煙の所がほとんど。

新疆に入ると、他のイスラム諸国からの輸入品が目に付くようになった。
中東製のコーヒー、トルコ製のお菓子など。
 
5年ほど前から日本のドラマが見れなくなった、とウイグル人が嘆いた。
中国製のドラマ・映画は面白くない、日本のものが見たい、と。
とはいえ、とある食堂のTVで中国映画『英雄 / HERO』を放映していた時は、
店内全員が食い入るように、ワイヤーアクションに見入っていた。
巡礼チベタン達が飛行機や鉄道を見て、歓声を挙げていたのを思い出した。
これも、文明の力か・・・

コーランが手に入らない、と聞いた。
全く無い訳ではないが、そもそも書店が限られていたり、数が限られていたり。
昔はもっと容易に買えたのに、と嘆く。
その他にも昔はどんな年齢でも容易にモスクに入れたのに。
学校で漢語教育が主流になりつつある。子供の教育が心配だ。
等々、不満は数え切れない。




【時間】
日常生活では、北京時間より2時間遅い「新疆時間」が使われている。
バス、鉄道、公安など公的な場所では北京時間が使われる。
公安などは、北京時間11時頃から営業開始のようだった。
北京時間11時=新疆時間9時だから、別に怠慢ではないのだろうと思ったが、
閉店は北京時間17時=新疆時間15時のようだった。
ご都合主義の9時5時か??
なんにしても、時間が二つもあると頭がこんがらがる・・・
しかし、ウルムチとラサの経度はさほど変わらないのに、
チベットでも現地時間が使われないのはナゼだろうか?




【金】
「辺境」ゆえ物価は安い。旅行する分には宿、メシ、公共交通費などは安く済む。
ただし、新疆区内には廃墟になった遺跡が沙漠のなかにポツンとあることが多いため、
足が無いと、タクシー代などがかさむ。

カシュガル辺りでは、仕事が無い人の方が多いと聞いた。
30歳・男の話では、35元1kgの肉を、一家7人が1週間かけて食べる、とのこと。
この人はまだ仕事があるから良いのだという。
安い物価も、こうした地元人の生活水準と表裏だと思うと微妙な気持ちになる。



 
【習慣】
ご飯を食べた後、神に感謝の意を捧げる。
両掌を指先が軽く触るように上に開きながら、祝詞をあげたのち、
両掌で顔を洗うような仕草をする。
大勢で、例えば10人位で食卓を囲んでいる時にも、
全員が一斉にその仕草をする。
とても良い習慣だと思った。

ムスリムだから、きれい好き。
というのはステレオタイプかも知れないが、
例えば市場などは、中原に比べれば臭いは少ないかも知れない。
「漢人の家に比べるとウイグル人の家はキレイだ。
 なぜなら、漢人の女性は掃除をしないからだ。」
とは、20年来中国に通っている旅行者談。

新疆では早婚が多いようだ。
域内至る所で、晩婚を勧める標語をよく見かけた。
「少数民族」には出産制限が無いことも相まってか、
実際に新疆内では出生率は16%にも及ぶようだ(03年)。
クルバン祭前のカシュガル行列車内では、やたらと子供連れが多かった。
22歳の時に14歳の相手と結婚した男は、奥さん若かったんだね、と驚くと、
ウイグルは、肉食だし天候等の条件が異なるから、成長の度合いが異なるのだ、と言った。

寝台バス車内には絨毯が敷いてあった。なんだかエキゾチック。
だが、中国内の他地域と比べると、バスのトイレ休憩が少ない。
また、バスがなかなか発車しない。客を集めてる訳でもなく、
なぜか発車するのを躊躇っているのだ。理由は最後まで分からず。
何につけても悠長なリズム。

ビザの延長に行った時もそうだった。
出向いて早々に「ビザはもう出来ているわよ」と女性官は言ったが、
それから、当日の日付をスタンプを押すまで20分掛かった。
日付の部分がくるくる回る式のスタンプの日付の部分が、
なかなか納得行く角度に収まらないようで、
20分に渡って、調整しては試し押し、調整しては試し押し、と
こだわっていたからだ。それも少しも急がずゆっくりと。
ここでは時間はかくもゆったり流れるものか、と感じ入った。



R0013431 IMGP6754 IMGP6437_0001 IMGP6574 IMGP6156 IMGP6256


以上、「まとめ」と言いつつ、ほぼ聞き書きでしたが。
さて、次回はキルギス。
中央アジアへ突入です。



▼ブログランキング参加中です。
 お一つクリック、よろしくどうぞ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

アニマル・マーケットへ  [カシュガル]

IMGP7145


カシュガルの郊外には毎週日曜日に動物市(マル・バザール)が立つ。
この市場はどうしても見て置きたかったが、
犠牲祭の最中はお休みだったので翌週訪れた。
カシュガルでの最後のイベント事だ。

会場は広い。
東京ド-ム2個分ほどはあるかな?
前部には、牛や羊など、主に食用の動物が売られている。
中頃には、ラクダなど大型の動物が目に付くにようになり、
奥部は、馬などを売っているので、広いスペースが広がっている。馬の試乗用だ。





IMGP7081
羊コーナー。




IMGP7024
牛がでかい。牛っておとなしかったり、猛ってたりしますよね。
ここのは結構、猛ってた。




IMGP7041
異種の愛。




IMGP7033
ラクダ引きの愛。




IMGP7055_0001
ラクダを見つめる老人。




IMGP7122
馬引きの少年。




IMGP7097
とにかく馬がたくさん。




IMGP7126
馬の鞍。じゅうたんも敷いてあるんですね。




IMGP7135
馬に試乗し、品評している。




IMGP7143
入れ替わり立ちかわり、いろんな人が試乗しています。




IMGP7107
気になる馬のお値段を聞いてみると、1千元~5万元(≒1万3000円~65万円)ほど。
なかなか手の届きそうな価格。次回は馬に乗って旅してみたいものです。
さて、これでカシュガル編も終わりです。
この後、峠を越えて、キルギスへと向かいます。



[メモ]
カシュガル市内より8路バスで終点へ。
毎週日曜日、遠方市場にて開催される。



▼ブログランキング参加中です。
 一日一クリック、よろしくどうぞ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

[写真]
PENTAX K20D + PENTAX-FA 31mm F1.8AL Limited

消滅都市・マリカワト [ホータン近郊]

IMGP6946



ユルンカシュ川を遡ってゆく。
市内を流れる川床でも玉を探す人がいたが(あ、自分もか)、
めったなことには見つからない。
玉は川の上流から流され、磨かれ、下ってくるからだ。
昨今、需要が供給を上回っている証拠に、
採掘地は年々上流に移動している。
今、車で訪れつつある上流の方も、
大型ショベルで散々掘り返されているようだった。

マリカワト遺跡へ。
タクシーの運転手には1時間ほどで戻ると伝え、散策へ。
足元の砂は粉状に柔らかく、歩くたびに粉が舞い上がる。
これは歩きにくい、と感じた。
そんな足元のパウダー状態以上に、歩きにくい理由は、
目印となるようなものがほとんど無いのだ、ここは。
約1km×1kmの遺跡内には、
数百メートルを隔てて、ぽつーん、ぽつーん、
と岩状の何かが立っている。
取りあえず、その何かを目指して歩いてみる。
一つ到着。
なんとも言いようの無い、元造形物。
取りあえず、岩のぐるりを巡って眺めてみる。
感慨に浸る間もなく、いや、浸らせてくれる程のものでも無いので、
もう一つ向こうに見える何かを目指して歩いてみる。
二つめ到着。
三つめ到着。
と繰り返してる間に、飽きてしまう。それほどに広かった。
それでも、歩いていると、所どころ足元に、
陶器の破片が落ちているのが、物悲しい。

 
このマリカワト遺跡は、于闐国の王都跡だといわれる。
于闐(ウテン)。
井上靖「敦煌」には、于闐の王族・尉遅(ウッチ)氏の子孫が登場した。
小説の中、于闐は既に滅び、キャラバン隊商を率いる尉遅光(ウッチ・コウ)は、
旧王族としてのプライドが高く豪腕で、必ず利益をモノにする商人だ。
玉を産する于闐=ホータンの出身ゆえ、玉を見る目は鋭い。
主人公の思い出の玉を、なんとしても手に入れようとするのがウッチだ。
彼は、ちょい悪役気味で、助演俳優賞モノの立ち位置にいるが、
主人公との、クサレ縁、変な友情、ケンカ、騙し合いが、
物語をぐんぐん推し進めていく。

小説「敦煌」でウッチが活躍していた頃には、既に滅び、
その王都も廃墟と化していたのかと思うと、ウッチに同情した。





IMGP6961
遺構が点在している。




IMGP6959
比較的それと分かる建物跡。だが、何の跡かは分からない。




IMGP6951
パウダー砂の上に、陶器の破片が落ちている。




[メモ]
・廃墟ランキング ★☆☆☆☆

・マリカワトは、ウイグル語でMELIK AWAT、漢語では“买里克阿瓦提/買里克阿瓦堤”
 于闐国の王都跡との説が有力だが、仏教寺院跡との説も。
 ここでは漢から唐代にかけての遺物が発見されている。
 敷地は南北1.4×東西0.9kmとなかなか広い。

・ホータン市内から25km。市内からタクシー45分ほど。
 タクシーチャーター2時間半ほどで120元(現地見学時間1時間)




▼ブログランキング参加中です。
 一日一クリック、よろしくどうぞ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

玉さがし [in ホータン]

IMGP6942




ホータン(和田)へ行ってみた。

カシュガルからタクラマカン沙漠の南側を通って東へ戻る。
ここらの町は、人の往来の多い北道とはだいぶ雰囲気が異なる。
なんか濃い。人の顔や町の喧騒や、空気そのものが濃縮だ。
そんな砂漠の南側でも、ホータンは大きな街だ。
とはいえ、この街に外人が訪れることは少ないのか、
日本人だと言っても信じてもらえないことも度々あった。

 
ホータンの街の郊外を流れるユルンカシュ川/玉龍客什河では、
玉(ぎょく)が取れる。 
玉といわれても、我々日本人にはなかなかピンと来ない。
なんとなれば、マガタマの方が、グッと来るかも知れない。
とはいえ、中国で伝統的に玉がいかに重宝されて来たかは、
玉璽、玉石混交など、今なお使われる言葉から、たやすく想起できる。
そんな玉。ホータンはその産地として古来有名だったし、
現在も全国至るところで「和田玉」の看板を見かける。

ってなわけで、川へ玉探しに行ってみた。
川は水が少なく、川床へは降りて歩けるほどだった。
ゴロゴロ転がっている石の中から、玉を探し歩いた。
生の玉がどんなものかは知らないが、キレイなものを探せば良いのだろう。

そのうち、少年達がやって来て
ポケットからキレイ目な白い石を出し、玉と称して売ろうとする。
こちらはのらりくらり逃げていたが、
しつこく迫る少年達が面倒臭く感じるようになったので、
いくつか石を拾っていたおっちゃんの元へ逃げ、話しかけてみた。
彼の拾った石について聞くと、全部ニセモノだという。

おっちゃんの話では、1980年から解禁されたため、人々が拾いはじめ、
30年経った今では、もうほとんど見つからなくなってしまったらしい。
昔は両こぶし大のモノが拾えた、とも言う。
「へえ、じゃあおじさん随分儲けたんじゃないの?」
と聞くと、おっちゃんも自分で見つけたわけでは無いようだった。
彼は普段、100kmほど離れた沙漠の方で放牧を営み
ラクダを10頭、羊を100頭以上飼っている。
牧民としては、それなりの財産家かも知れない。
ただ、現金は必要なのだろう。
時たま街へ出ては窓ガラスの研磨の仕事をしているという。
日常の移動はラクダでするという話だが、
和田へは15元のバスで往復するのだという。
今回ホータンには、友達に貸した金を返しにもらいに来たとか・・・

1時間以上も探してみたが、結局成果なし。
自分もおっちゃんも玉はあきらめ、めいめいに帰った。
 
雨が降ったあとは、それでも玉が見つかることもあるようだが、
今の季節は、河を歩いて渡れるほどに乾いている。








IMGP6944
おっちゃんと一緒に玉を探した。




IMGP6930
アトラスの手工場を訪問。




R0013658
鳥の丸焼き。




[メモ]
ホータンへはカシュガルから11時間ほど。89元。
現在、道路に平行して鉄道も造られていた。
今後はさらに訪れやすくなるのだろう。



▼ブログランキング参加中です。
 一日一クリック、よろしくどうぞ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

クルバン祭 [カシュガル]

IMGP6689


カシュガルの街中では犠牲祭に備え、数日前から羊の市が立つ。
家畜を育てている者は別だが、カシュガルは街なので、
街へ羊を連れて来た牧民たちの群れと、
それを取り囲んだ街の人たちが交渉している光景が目立ち始める。

イスラム社会で大きな祭は2つ。
カシュガル辺りでクルバン・ヘイト(犠牲祭)と呼ばれる祭は、その一つ。
日本で言ったら、盆と正月のうちのどちらか、だろうか?

今年2010年の犠牲祭は、太陽暦11月16日から数日間だったので、
このブログの時差もかれこれ1年。
いやはや、開いたものです。

さて、イスラム二大祭についてですが、
ラマザン(断食)明けを祝って行われるのが、ローズ祭。
その3ヵ月後、メッカをめぐる大巡礼(ハッジ)を終えた後、
神に謝意を表すために犠牲を捧げるのが、今回のクルバン祭。
文字通り、購える者は一頭、羊や牛などの動物を神に捧げ、
一族や貧しい者に振る舞うのだという。

当日のカシュガルの街では、
早朝7時頃からお祈りが始まり、羊などの動物を神に捧げる。
その後、モスクへ人々は集まり、音楽に合わせて踊ったりする。
祭の期間は5日間とのこと(他の国では4日とも聞くが?)

この日は、街の至る所で羊を絞めている様子が見られた。
ベジタリアンには、キツイ光景かも知れない。
当日一緒に出歩いたベジタリアンは、顔をしかめていたが、
自分自身も動物を絞める様子を大々的に見たのは久々だった。

普段自分は、
食べ物のありがたみ、いや、食べるという行為のありがたみを、
実感しているだろうか?
そんな実感を得るきっかけが、なかなか無い、というのも事実。
自分達がしている一つ一つの行為を、自分達はどこまで自覚しているか?
 
そんなことを考えた時に、宗教というのも良いものかも知れないと思った。
大事なことが儀式化され、皆が参加し、それを見て、覚えていく。




IMGP6752_1
数日前から街中に羊が溢れはじめる。



IMGP6740_0001
おっとっと。



IMGP6749_1
羊の解体、ステップ1



IMGP6746_1
ステップ2



IMGP6750_0001
ステップ3



IMGP6767
古民居街では、人が大勢集まりラクダを絞めていた。
ラクダは大きい。10家族分くらいはあるだろうとのことだった。




街の中心のモスク、ヘイトガーフ。建物の上から音楽が聞こえる。小さな楽団だ。



IMGP6841
昼過ぎ、ヘイトガーフ前には音楽に誘われるように人が集まってきた。



IMGP6826
踊る。



IMGP6831_0001
踊る。男ばっかりだが、



IMGP6832_0001
でも、楽しそう!



▼ブログランキング参加中です。
 一日一クリック、よろしくどうぞ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


[写真]
PENTAX K20D + PENTAX-DA★ 16-50mm F2.8
PENTAX K20D + PENTAX-FA 31mm F1.8AL Limited

[動画]
RICOH GRDⅢ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。