スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラサ発、南へ。 (チベットメモ9)

2009.03.02 ▲チベット
R0011485

カトマンドゥまでの道中、車に同乗したのは、3人のチベタンだった。
1人は、中国籍のチベタン。(以下チョン・チ)
1人は、インド籍のチベタン。(以下イン・チ)
1人は、ネパール籍のチベタン。(以下ネパ・チ)
お互いチベット語で話すのだが、国籍は違う。
とってもインターナショナル。

ご存知の通り、チベット人は必ずしも中国・チベット自治区に住んでいる訳ではない。
彼らの分布範囲は、東は四川省・成都のそばから、西はインドのラダック地方まで、
北は青海省から、南はネパール、ブータン、北インドまでと幅広い。

ツァンパ(オートミール状のものを手で団子にして食べる)とバター茶を主食とし、
高地で遊牧を営むことを得意とする彼らは、
歴史上ゆっくりと、チベット高原を中心に広がっていった。
だから、現在画定されている国境とチベタンの分布範囲とは一致しない。



ただし、今回の3人がラサを発ち、各々の目的地へ向かっている背景は、
そうした自然発生的なチベット族の広がりのおかげ、というには程遠い。

一例として、イン・チの話。
彼のお父さん(以下イン父)は、香格里拉(しゃんぐりら。雲南省内チベット自治県)に生まれた。
当時の、一家族から一人を寺に出すという慣習に基づき、
イン父は、お坊さんになったという。
成績優秀であったイン父は、
学僧ならば誰もがあこがれる、最高峰のポタラ宮での修行を許される。

そうして迎えた、1959年。
ダライラマ14世のインド亡命に従い、イン父はインドへ渡った。
イン・チの出身地を尋ねた時、彼はそのように説明をしてくれた。

すごいのは、イン父のその後。
彼はインド亡命後、アメリカによるゲリラ養成訓練のため渡米し、
実際、落下傘部隊として参戦もした。が、作戦は3度の失敗をもって終了した。
その後、イン父はラサに絨毯工場を設立し、アメリカ向けの輸出品として成功を収める。
4年前、イン・チが老いた父の後を継いだ。
そのとき彼は、生まれて初めてラサの土地を踏み、今に至る。
イン・チは、インド籍でインドに居を構えながら、ラサで商売を営んでいる。



今年は2月25日前後がチベット正月。
正月前後の1ヶ月、彼らは長期休暇となる。
皆それぞれの実家に帰って祝うのだという。

ある者はネパールへ。
ある者はインドへと向かう。

いわゆる「チベット」は後にしたが、
まだ当分、チベットは続いていきそう。



R0011459

R0011465
[中国側、国境の街ダムは、日本の温泉街のような景色。
 ここで標高3500m級から一気に2700mくらいまで下がる。]

R0011474
[ここらからインドTATA製の車が登場。故障して止まってしまった。]

R0011471
["三人寄れば文殊の知恵”とは行かず、結局ほかの車を拾った。]




★メモ
ラサから国境の街ダムまでは、ランクルチャーター1台2000元が相場。
4名乗って、1人500元(7000円程度)。
途中ノンストップで、ラサ17:00発、ダム翌朝7:30着。

ネパール側コダリから、カトマンズまでは、
4名乗って、1人1000ルピー(1200円程度)。
コダリ15:00発、カトマンズ18:00着。




▼世界は広い、チベットも広い!
  この記事が気に入ったら、ワンクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ジョカン寺 (チベットメモ8)

2009.02.27 ▲チベット
IMGP4587

僕には強く信じている宗教は、特に無い。
ラサについた初日、なにも無しじゃ申し訳ないな、と思い数珠を買い、
チベタン達に混じって「南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏」と唱えていた。
それを信仰心からやったのかと言うと、そうではない。
冠婚葬礼に参加するのに、礼服を着ていかないとカッコがつかない、
と、思うのと同じ程度の気持で、そうしただけだ。

ジョカンを参観中に出会った、とある若い女の子は、
青海省から親族一同で巡礼に来ているのだと言った。
(つづく↓)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

高地で暮らすチベタンらしく、浅黒い肌をしていた。
日に焼けて深いしわが刻まれていたものの、
25歳くらいの若い、目のとても綺麗な女の子だった。

一族の男たちは、俵入りのお供え物を抱えている。
全員で10人ほどの団体巡礼だ。

壮年のおじさんが、その一族にカタ(人や仏様にかける白いスカーフ)を配っていた。
彼女に促された僕も、その一族の作る列に並んで、受け取ろうとした。
すると、おじさんは、「何でお前に?」と目で言った。
彼女は、「この人は漢族じゃないの、日本人なの」と言った。
すると、おじさんの目も緩み、こころよく授けてくれた。

堂内の一房で僧侶が、儀式を始めようとする。
その度に、快活な彼女は、僕をその房へと誘ってくれる
そして、一緒に拝礼し、僧侶のくださる下賜物をうやうやしく頂く。

とにかく彼女らの一挙手一道足が、本気なのだ。

彼女らのことを、真似てみることは出来たかもしれない。
でも、やっぱり、本当のところ、よく分からないのだ。

30年間不信心で来た人間が、
今から、敬虔な信仰心を持った人間になれるだろうか?

仏教でも、イスラムでも、キリスト教でも、なんでも構わない。
何かの宗教に、全身全霊で帰依できるだろうか?と考えてみた。
が、どう考えても無理なのだ。

信仰は、心の問題なのだと思う。
つまり、神や仏を是とするも不是とするも、人間のこころなのだ。
こころが懐疑的である限り、両手を挙げて「是」とすることは不可能だ。
その宗義を知ってみようという気持ちは起きても、全身全霊で帰依できるとは考えにくい。

ジョカンでは、チベット文化圏のあらゆる場所から、巡礼者が訪れている。
彼らを見ていると、ふいに、宗教が分からなくなった。




IMGP4649
[ジョカン寺]

IMGP5305_0001
[ジョカン屋上から望む寺前広場。右遠方に見えるのはポタラ宮。]

IMGP4568
[マニ車を回しながら、バルコル(ジョカン寺の外周街)を周ります。]

IMGP4631
IMGP4632
IMGP4633
IMGP4634
lasa 拉萨
[五体投地でバルコル(ジョカン寺の外周街)を進む少年。]




★メモ
ジョカンは、ラサの中心にある最も由緒があり、賑わいをみせるている寺。
チベットの最大版図を築いたソンツェン・ガンポ王の死後に建てられたという。

王は、王妃の一人をネパールから、一人を唐からもらった。
二人の王妃は嫁入り道具として、それぞれ故地から釈迦牟尼像を持ってきた。
ネパールからもたらされた仏像を本尊とするのが、ジョカン(大昭寺)
唐からもたらされた仏像を本尊とするのが、ラモチェ(小昭寺)であった。

しかし現在、それぞれの寺の本尊は入れ替わっているという。
いつ?なぜ?入れ替わったかは謎らしい。




▼ちっちっちっちっち、ぼーん!
 と来たら、ワンクリック!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ガンデン・ゴンパ ~ときには観光も~

2009.02.23 ▲チベット
IMGP5190

チベット仏教ゲルク派の総本山。ラサから45kmに位置する。
標高4200m。
ラサよりも500mほど高く、
山奥の山肌に大伽藍がそびえ立つ。

1959年以降、一度完全に破壊され廃墟となった後、
80年代以降、徐々に再建されたという。

寺院内には、往時の隆盛を描いた絵があったが、
今よりも倍近く建物の数は多かったようだ。
3000~7000人いたという僧侶も、今では300人ほどという。

寺内散策中、大声でうなる声が聞こえたので近くまで行ってみた。

最初、僧侶の修行の一環と思い、興味本位で近づいたものの、
境内に備えられた警察施設で、大声を出して武術の訓練をしていた。
由緒ある寺だけに、常日頃から、権力による威嚇作業が欠かせないのだろう。

山頂付近まで登ると、まだまだ廃墟が多い。



IMGP5188
山肌にひしめく僧院群。

IMGP5159
お坊さん。

IMGP5129
ここかしこにお布施が。

IMGP5118
僧侶を見かけることはまれだった。

IMGP5126
山頂付近は、いまだに廃墟が多く残る。

IMGP5197
ムッ。



▼お坊さんのいない寺、なんか寂しい・・・
 と思ったらクリック!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

写真全点:PENTAX K20D + TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3

ラサの病室 (チベットメモ7)

2009.02.19 ▲チベット
IMGP5381_1

3回風邪を引いて、10日ほど終日咳き込んでいたら、
右あばら骨の下辺りが痛くなった。

痛すぎて息もしたくない程だったので、ラサ市民病院へ行った。

宿で同部屋のベルギー人(29歳)は、1ヶ月ほど滞在していて、
フランス語なまりの英語と中国語を話す。
僕より彼の方が、中国語をよく話し、
彼より僕の方が、英語をよく話す。
会話中に行きづまったとき、得意な方で補うと、
うまく100%会話が成り立つという関係だった。

お互い歳が近く、お互い風邪を引き、お互い長逗留だったこともあり、
本当によく喋り、仲良くなった。

彼の曽祖父は中国人で、
1909年、清朝が欧州の要地ロンドン、パリ、ブリュッセルに
領事館を開く際に派遣された、皇族の一人だったという。
つまり、彼の先祖の一人は、愛新覚羅氏だったわけだ。
スカイプを通して彼の母親とも挨拶したが、母親は東洋人寄りの顔立ちだった。
とはいえ、1/8しか血を受けていない彼自身には、東洋的要素はまるで無い。

彼は、現代中国で満洲語が失われたことを嘆き、
現代中国人のマナーの悪さを嘆き、
100年前の中国を多少理想化して考えているロマンチストだった。
それは幻想だよ、と僕はたびたび容赦なく否定し、
彼もその度に、理性では納得はしていたものの、
その後もやはり言葉の端々から幻想のカケラがのぞいた。
やさしいロマンチストなのだ。

そんな彼だから、僕のあばらの痛みが極度に達し、始終うなっていた時、
親切にも病院まで同行してくれた。
「オレの方が中国語がうまいから、きっと助けになるはずだ」
などと、照れ隠しなのか、でも事実を言い訳にしながら。

医者はレントゲンを撮って診断したが、風邪薬を処方されただけだった。
そんなはずは無いと思い、その後、独自に情報収集を始めた。
すると、同じ症状になったことのある人がいて、
どうやらあばらの骨が折れているらしいと判明した。

ベルギー人にそれを話すと、
彼はさっそく、スカイプで会話中の母親に伝えた。
「同宿の日本人の骨が折れたんだよ。なんと!咳のしすぎが原因で」と。
そして、おかしそうにゲラゲラ笑った。

不思議と怒りは感じず、彼らと一緒になって笑った。
笑うと腹が痛んだ。




IMGP5698 1_2
[ラサ市民病院の通院証。]

IMGP5757_1
[普通のコピー用紙にプリントされたレントゲン。こんなんで分かんのかいな。]

IMGP5406
[心やさしきベルギー人の肖像。]





▼この記事が気に入ったら、クリックして下さい。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

サムイェ・ゴンパ ~ときには観光も~

2009.02.15 ▲チベット
IMGP4980

ラサ郊外にあるチベット初の僧院。
寺院全体がマンダラの形をしているのだが、
近くの小山に登って見ると、その姿が良く分かる。

IMGP4910


IMGP4864


IMGP4829


IMGP4833


IMGP5036


★メモ
拝観料:25元(冬季)
交通:ラサよりバスにて片道40元。3~4時間。

所要時間はドライバー次第。
自分が乗ったバスは、見事に全ての車を抜いていったので3時間で着いた。
帰りがけに、「昌珠寺(タントゥク・ゴンパ)」、「雅龍寺(ヤルルン)」に寄った。

その後さらに、飛行場、鉄道の通る鉄橋に寄るサービスも。
飛行機や鉄道といった文明の利器を
生まれて初めて目にした、巡礼チベタンも多いようだった。
一日中バスで一緒に移動したが、
この時が一番、歓声が大きく湧いていた。





▼お寺に着いた時より、鉄道を見た時の歓声の方が大きかった。
文明の力の魔力や、おそるべし。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


[写真]
1   : PENTAX K20D + PENTAX-FA 31mm F1.8AL Limited
2~6: PENTAX K20D + TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。