スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マトン・キーマ・カレー [in シリグリ]

2009.07.14 ▲インド
R0011689

むかし読んだサザエさんの4コマ漫画で、

「お、今日はすき焼きか♪」
 と、帰宅したマスオさんのコマで始まり、
「なんだ、マトンか……」
 と、意気消沈するマスオさんでオチるものがあった。


それほどまでに、日本でのマトンの地位は低い。
一時期のジンギスカンブームで多少は支持者を増やしたかもしれないが。
でも、ジンギスカンブームの時だって、
羊の肉は「健康に良いから」、「柔らかいから」等々、
みんないろいろ理由を付けながら食っていて、
ストレートに「おいしいから」という理由で食べている人は少なかった気がする。
殊更に「ラム」だと主張していたのも、脱マトンのイメージ戦略だったのだろう。
なによりブームが落ち着いてみたら、残っているジンギスカン屋って本当に少ない。

かく言う自分も、マトンは臭くて嫌いでした。
でも、羊や山羊を料理し食べることに慣れている人達のマトン料理は、
本当にうまいと思う。

中国・西安のイスラム街で食べた羊肉串は、本当にうまかった。
通常、串肉一本1~3元(15~45円)程度なのだが、
ひと際うまそうな串を焼いているおっちゃんに聞いてみると、一本10元(150円)だと言う。
よく見てると中国人も10元払っている。
奮発して食ってみたら、うまかった。
「うまいね」と、思わず叫ぶと、「そりゃそうよ、羊肉だもの」と隣のおばちゃんに言われた。
ヒツジ=うまいは、一つの真理として成り立っているようだ。
中国では羊肉が最上の肉だって言う人が結構いる。

そういえば、日本を発つ直前に読んだ北方謙三の「水滸伝」や「三国志」でも、
手や口をギラギラと脂まみれにしながら、
うまそうに羊の肉を食らっている漢たちのシーンがよく出てきた。(漢と書いてオトコですね。)
さすがケンゾーさん。中国での羊の価値をさらりと織り交ぜていたのですね。
それに、“羊”が一部入っている漢字は、良い意味の言葉が多い。
美、義、鮮、洋、善、祥、詳 etc.
それから、思い出すのが、泰山の岱廟を訪れた時のこと。
歴代の皇帝達がした石碑が飾られていたが、漢代のもので印象的だったのが、
やたらとヒツジの意匠が多いこと。
中華世界では当時から、羊は財産であり、ご馳走だったのだろう。

また、ネパールのマトンキーマカレーもうまかった。
一時期、メニュー200種類以上もある店で、
毎日マトンキーマカレーばかりを注文して食べていた。
自分の場合、一度気に入るとそればっかりになってしまう。
店員からは“アホか”と思われていたに違いないが、
羊の脂には中毒性があるに違いない。
無言でがっついた。


でも、インドのシリグリで食べたマトン・キーマ・カレーが最高だった。
入り婿のマスオさんが、不満を爆発させることはないでしょうけど、
このレシピさえあれば、磯野家の食卓もさらに愉快になること請け合い。





▼ブログランク参加中です。
クリックすると順位が上り、より多くの人に見てもらえます。
お一人様一日1クリック、よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tabinomanimani.blog24.fc2.com/tb.php/107-09922575 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。