スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺レポート1 (日本・韓国・中国1)

2009.01.04 ・麺が好き
ラーメンが大好きで、
パスタも大好きです。

せっかく西から東へ向かうのだから、
どこでラーメンがパスタに変わるか見ていきたい。

ということで、これより
旅中の麺レポート。



ラーメン藤2
[ラーメン藤。京都。600円。]
以前、京都へ行ったときにたまたま入ったラーメン屋。
めちゃくちゃうまい!
京都特産といえばネギ。
そのネギをこれでもかと敷きつめているが、
このラーメンは、ネギラーメンでも何でも無く、これが標準装備。



shinramen
[辛ラーメン フェリーにて。1000W。]
韓国でラーメンといったらこれ。"辛ラーメン"
韓国人いわく、韓国ではラーメン=即席麺らしい。


udon
[うどん 慶州にて。4000W]
韓国には、けっこう、うどんと素麺が多い。
他にも、坦坦麺がメジャーらしいが、食べそびれてしまった。


galbitang seoul
[ソルロンタン 釜山にて。8000W。]
写真を見て注文したが、メインはスープ。麺はおまけ。
中に素麺(にゅうめん)。牛のスープがうまい。


niuroumian dandong
[牛肉面 丹東にて。3元]
辺境だからか、3元で食べたこの麺はうまくなかった。


niuroulamian shenyang
[蘭州牛肉拉麺 瀋陽にて。5元。]
やっと来た!
"蘭州"名物の牛肉拉麺にはずれ無し。
注文を受けてから生地をこね、引き伸ばす。
細い麺。こしがあってうまい。


niuroumian beijing
[牛肉面 北京にて。8元。]
同じ牛肉面でも"蘭州"の"拉麺"でないとハズれることがある。
柔らかいうどんのような感じならまだしも、伸びきっていることもままある。


zajiangmian
[炸醤麺 北京にて。8元。]
北京名物ということで食べてみたが、極めて普通。
冷たい麺の上に、炸醤(肉味噌)と野菜を乗せて混ぜて食べる。
寒い日だったから、隣で普通の汁有り麺を食べている人にジェラシーを感じた。


doushoumian beijing
[刀削面 北京にて。8元。]
歩いていたら、たまたま当日オープンの山西料理屋を発見!
"食在広州"という中国人も"麺在太原(山西省都)"というくらいだから、是非にと。
結果、普通の味。
やっぱり刀削面は、あの削っているところを見てから食うのが良いのかな。
目で楽しむのも重要。




▼押すと良いことあるかも
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tabinomanimani.blog24.fc2.com/tb.php/11-f37069ba 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。