スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バングラのメシ!

R0011839

バングラのメシ!ビリヤニ。
男くさいバングラにあって、男らしい飯といえば、これ。

ビリヤニ=炊き込みご飯。
上の写真のものは、ご飯の中には鶏の半身がドカーンと入っている。
ちなみにバングラの米は小粒で丸っこちく、においはあまり無い。

鶏の他にもマトン・バージョンもある。
ダッカの中級食堂で、
鶏ビリヤニ:80tk(120円)
マトンビリヤニ:90tk(135円)程度。

なにも、バングラだけでなく、南アジア全般で食べられているようだが、
インドを含むベンガル地方でビリヤニ屋を多く見かけた。
ところで、バングラ入りする前には、
“バングラに行ったら、まずいメシと、合わない水で、腹を壊すんだろうなぁ。
ま、体重減量の良い機会か。”なんてな心配をしていた。
ところがどっこい、このビリヤニを毎日食べていたものだから、おおいに増量しました。
思い出の味、ビリヤニ。


ちなみに、
“もともと中央アジアの「ピラフ」、「プラーウ」、「ピラーウ」、「ポロウ」などと呼ばれる料理が、
ムスリムの侵略と共にムガル帝国時代にインドに定着したものである。
同様の米料理がサーサーン朝ペルシアを征服したアラブ人に受容され、
ムーア人によるイベリア半島の征服後にスペインで成立したのがパエリアであり、
両者は遠い縁戚関係にあるといえる。
また、同じくイスラム文化圏に起源を持つタイ王国のカオモクカイ、
マレーシアのナシケブリとも関連がある”らしい。
wikipediaより)




▼ブログランク参加中です。
 クリックすると順位が上り、より多くの人に見てもらえます。
 お一人様一日1クリック、よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tabinomanimani.blog24.fc2.com/tb.php/112-21076f01 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。