スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラム国の仏教徒 [バングラデシュ/ウキア]

ukia.bangladesh

「この世に必要なのは、叡智なのだよ。」
おじいさんは哲学者の顔で、そう言った。

ウキア村でホームステイをしたウタム君の家でのこと。
仏教徒のおじいさんの書斎には、
コーランや聖書をはじめ他宗教の書が積まれている。
なぜ他宗教の書を読んでいるのですか?と僕が尋ねたとき、
おじいさんは、そう言ったのだった。

「この世に必要なのは叡智なのだ。
 叡智を持った人が多くなり、叡智を持った人が偉くなって人の上に立てば、
 世の中は誤解や偏見から解き放たれ、平和になるのだ」と。



イスラム教の国、バングラデシュであるが、
ビルマ国境近くの南部には、仏教徒がたくさん住んでいる。
なぜ、この地に?
御歳70のおじいさんは、一族の来歴について静かに語ってくれた。

かつてインドで仏教が華やかなりし頃、その中心は現インド・ビハル州にあった。
現在でも仏陀が悟りを開いた地・ブッダガヤやナランダ仏教大学跡などが有名だ。
1200年代以降、インドにイスラム勢力が流入した。
偶像崇拝を禁ずるムスリムは、またたくまに北インドを制圧し、仏教寺院や仏像を破壊。
仏像は顔を潰されたり、首を切られた。
当時、かつての隆盛こそ過ぎたとは言え、
それでもまだビハルを中心に勢力を誇っていた仏教徒たち。
彼らの中心勢力は東へ逃れた。

ビハルを後にした仏教徒たちは、
その後ヒマラヤ沿いの山地を伝って逃れた。
アッサム→トリプラ→チッタゴン、と各地を転々とした後、
大勢は、ビルマへと辿り着いた。
そうして東遷した仏教徒たちだが、中には移動の途中で定住する人達もいた。
おじいさんの一族もその内の一つだという。



バングラデシュ南部のウキアは、
ヒマラヤの支脈がビルマとの国境を分かち、国境までは12kmほどの距離。
町では、ビルマ産の米も売られている。
こじんまりとした中心街は市場や商店が並び、賑わっているが、
3分も歩けば見渡す限りの田園地帯である。

かつて『アラカン王朝』がこの地を治めた。
現バングラデシュ東部から現ビルマのアラカン山地にまたがる仏教王朝で、
イギリスのインド支配がこの地に及ぶ1800年頃まで存続した。
彼ら仏教徒がこの地に定着したのも、仏教を庇護するアラカン王を頼ってのことだったという。



さて、おじいさん達・バルア家は、1920年代にここに定着した。
移住当時、原住民は、ビルマ系(モンゴロイド)の人々ばかりだったという。

「我々は、侵略者でもあるんだ」と、おじいさんは言った。
「我々は、後から来て彼ら先住の民から土地を奪ったのも事実だ」と。

かくいうおじいさんの祖母も地元のビルマ系の人で、
父親はモンゴロイドの顔つきをしていたという。
孫筋に当たるウタム君にも、確かにその特徴は見受けられる。

英領インド時代、おじいさんの祖父は、
東ベンガル第二の都市であるチッタゴン地区の副行政長官だった。
チッタゴン近郊に大きな屋敷も持っていたという。

1947年、英国からの独立時、住民投票によりチッタゴン地区は東パキスタンに編入された。
以後、この地域にもムスリムが大勢移住してくることになる。

1971年、バングラデシュ解放戦争。
半年にわたる戦争の間、一族はビルマ側に一時避難した。
戦争が終わり、戻ってきてみると、チッタゴンの屋敷は破壊されていた。
ウキアの田園地帯も辺りの家屋は破壊しつくされ、一面野原になっていた。
ホームステイさせてもらったバルア家は、
戦後、臨時で建てた家を、そのまま今まで使っているのだと言う。


そして、現在のウキアの田園地帯。
仏教寺院が100mごとに建つほどに多い。
移住してきたムスリム達も多く、今では、仏教徒とムスリムが半々。
話に聞いた壮絶な歴史とは裏腹に、異教徒同士が仲良く同居している。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんな長い、長い話。
途中で何度も質問し、メモを取り、頭を整理した。
聞き終えたとき、思わず溜め息が出た。

そして、「ディアスポラ」という言葉が頭に浮かんだ。
彼らは、少なくとも西暦1200年頃からの記憶をアイデンティティとして持っている。
長い、長い叙事詩のような一族の歴史。

「必要なのは叡智なのだ」と、
厳しい哲学者の顔でおじいさんが言った時、
仏教者としての誇りが、そこに垣間見えた。
何百年もの長きにわたり仏教徒としてのアイデンティティを保ってきた一族の誇り。
己に打克って、叡智という悟りを得ることを至上命題とする仏の教えに従う者としての誇り。
恐らく、その二つの誇りがおじいさんの内には、濃密に凝縮されているのだ。

「ディアスポラの民」とは、
そういう毅然とした生き方を運命づけられているのかも知れない。
ユダヤ人にしても客家にしても。
彼らには、守り続けなければいけないものが、重いほどある。

それ故か、彼らは教育を非常に大切にする。
「ディアスポラの民」が教育を大事にすること。そこに実は宗教・人種の別は関係無いのだろう。

先祖代々受け継いできたものが有り、
それをまた、子々孫々引き継いでいかなければならない、という意識が、そうさせるのだ。
彼ら一族には、これまで受け継いで来て、これから引き継いで行く、
明確な物語がある。歴史がある。
それを背負った個人は、ぶれることが少ないのだろう。




▼ブログランク参加中です。
 クリックすると順位が上り、より多くの人に見てもらえます。
 お一人様一日1クリック、よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



ukia.bangladesh
ある日のお寺にて。お勤めの様子。
檀家たちが仏像の下、お坊さんの講話に聞き入っている。


ukia.bangladesh
喜捨の風景。
寺にお勤めに集まり、講話を聞いた後は、人々が持ち寄った食べ物をお坊さんが頂く。


ukia.bangladesh
おそらく日本以上にハイテクを駆使していると思われる仏像。
由緒正しい寺ながら、一時期は他宗教との関係で不遇を囲っていたのだから、仕方も無い。


ukia.bangladesh
こちらはタイ国から寄付されたという仏像。
なるほどキラびやかである。


ukia.bangladesh
近所のお寺も訪問。住職が一人。
訪れると、コーラをご馳走してくれた。


IMGP0185
若き僧侶たち。



IMGP0457
お堂の建築様式は、ミャンマー式。
重層的な屋根および高床式構造が特徴的。



▼ブログランク参加中です。
 クリックすると順位が上り、より多くの人に見てもらえます。
 お一人様一日1クリック、よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tabinomanimani.blog24.fc2.com/tb.php/115-8bfb8788 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。