スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

燕京号 (神戸~天津)

IMGP3467.jpg
[PENTAX K20D + PENTAX-DA★ 16-50mm F2.8]


中国行きの船に乗るのは三度目。

一度目は、2003年の10月。
その時も「シルクロード」を目指したものの、
広い中国に引き込まれ、季節が冬に変わった。
雪の少林寺で風邪を引き南下、人に勧められるまま東南アジアへ行った。

一つの街から他の街へと移動する。
その街で、自分が来た方向以外の街から来た旅行者と出会う。
方位を8方に分けただけでも、自分の知らない街が7ヶ所はある。
その7つの方角の話を、他の旅行者から聞く。
そうして、行きたいと思った方向へ行く。
何の制約も無い、行き当たりばったりの旅。
そんな旅の仕方に自由を感じ、満足していた。

二度目は、昨年の12月。
今回こそ、「シルクロード」をベストの季節に通りたいと思い、
南方で越冬するスケジュールを立てた。
それも骨折などで予定は遅れた挙句、
祖父の訃報で日本へ帰国した。

ふたたび、振り出しに戻る。

シルクロードへ突入するのは、また冬になる。
昔から冬に行くと決まっていたのかも知れない。



[メモ]
燕京号フェリー 大阪~天津(塘沽)、22000円。
 神戸~上海行きの船ほど乗客はおらず、比較的閑散とした感じ。
・塘沽→天津は2時間ほど。バス乗り継ぎで計8元程度。タクシー150元程度。


▼ブログランキング参加中です。
 クリックすると順位が上り、より多くの人に見てもらえます。
 お一人様一日1クリック、よろしくどうぞ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tabinomanimani.blog24.fc2.com/tb.php/164-e8061c17 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。