スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軍事博物館@北京

IMGP3812.jpg


軍機、戦車、銃器等がそこかしこにおいてある。
銃器や戦車の多くは、旧日本軍が残していったものや、
朝鮮戦争時のアメリカ軍からの戦利品。
また、ソ連製の戦闘機なども見える。
日本製戦車の中には、国共内戦で活躍し、
称号授与されたものまであるというから驚きだ。

武器類の歴史の解説を一通り見ると、
最初かっぱらい、次に模倣し、その後国産品を造るようになった、
という流れが分かるようになっている。

この軍事博物館、とにかく広い。
1階から4階まであり、抗日戦争、国共内戦、古代戦争、近代戦争等の展示。
60周年国慶節の「検閲(=検兵式)」の特別展示もされていた。
昼過ぎに入場し、すべて見終わったのは17:00ころ。


IMGP3791.jpg
ミグ戦闘機。

R0012886.jpg
中国による日本製のコピーとの解説。

R0012891.jpg
「功臣号」日本製97式中型戦車。



▼ブログランキング参加中です。
 クリックすると順位が上り、より多くの人に見てもらえます。
 お一人様一日1クリック、よろしくどうぞ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

下線文
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tabinomanimani.blog24.fc2.com/tb.php/169-0de6cbde 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。