スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅のルート

2009.01.04 ▲中国
IMGP1603_1

10歳の頃イギリスから日本に来て、20歳まで日本で暮らした。
20歳の頃、再度、半年渡英した。

大陸の両端にある二つの島国は、異なるところも、
似通っているところもある。

そもそも立地が似ている。
ユーラシア大陸の東と西にポツンと浮いた島国同士だ。
日本人は意識の中でアジアを切り離して考える。
我々日本人はアジア人という意識があまり無く、
彼ら中国人や韓国人、東南アジアの人らこそがアジア人だと思っている。
イギリス人も同様で、大陸へ行くときに、
今度の旅行はヨーロッパへ行くんだ、なんて言う。
お互い、礼儀を重んじ、シャイなところも似ている。
料理がシンプルなのも似ている。
言い訳がましく「素材の味を活かしてるんだ」、と両国人とも言っている。
世界の中でも、日本人にとってイギリス人ほど安心できる相手は
いないのではないだろうか?

似たところの多い二つの国だが、
やはり言葉が違う。顔が違う。体臭が違う。
距離が遠い。

イギリスと日本の行き来は、かなりの回数をしたが、
全て、飛行機での移動だった。
文明の利器とは、便利なもので、
10時間もかからず、大陸を横断できてしまう。

これまで見ずにきたもの。
二つの国のあいだにあるもの。
東から西に向かうと、人々の顔つきはどう変わるのか?
食べ物はどう変わるのか?
文化はどう変わるのか?
グラデーション状にちょっとずつ変わり行くものがあるとしたら、
それを一つ一つ見て行きたい。



▼押すと良いことあるかも
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tabinomanimani.blog24.fc2.com/tb.php/18-f298acc1 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。