スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敦煌の隋さん

R0013123

敦煌の名物オヤジ隋さん。
“敦煌で日本人向けの商売を始めたのは私が最初だヨ”と豪語する。
もともと食堂兼旅行会社をやっていたが、
今は友人の店を拠点にしながら、旅行会社としてだけ活動している。

僕も滞在二日目の朝、宿を出がけに捕まった。
それから1週間ほど、毎日朝からビールを二人で呑みまくった。
隋さんは痛風が心配だ、などと言いながら良く呑む。
11月の敦煌はもう寒い。旅行者も少ない。
旅行者を、それも日本人を相手に商売している隋さんはヒマそうだった。
僕も酒は嫌いではないし、話題豊富な隋さんの話が面白いので、
毎日のように一緒にビール瓶を空けた。

前記した玉門関石包城のツアーは隋さんに頼んだもの。
隋さんは日本人向けガイドの第一人者を自認しているだけあって、
新しい観光資源、新しいツアーを開発しようと取組んでいる。
次回訪れた時にはどんなツアーがあるか楽しみでもある。

とはいえ、敦煌ではほぼ毎日だらだらと過ごした。
寒い日には、今日は寒いから呑みましょうか、と朝から呑んだり、
風の強い日には、今日は外出ると危険だから呑みましょうか、と朝から呑んだり、
飲んべえ同士、要りもしない理由をつけては呑んだいた。

食堂を経営していただけに隋さんの料理は美味しい。
二度ほど、市場で肉を買い酒を買って、隋さん宅でご馳走になった。
料理を手伝った時、野菜を洗っていると、
“もっとちゃんと洗わなきゃ駄目ヨ。中国の農薬は強いだからね。”
と料理人隋さんに怒られた。
でも、その時の羊肉は最高にうまかった。

みなさんも敦煌に行かれたら、会ってみては如何でしょう?
ま、向こうから捕まえにくると思いますが・・・

隋小礼氏のHP
www.china-world.info/dunhuang/


R0013130
こんな羊を食べに行ったり、

R0013122
こんな羊を料理してくれたり。呑んでばかりでした。


▼ブログランキング参加中です。
 一日一クリック、よろしくどうぞ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tabinomanimani.blog24.fc2.com/tb.php/191-41af45d2 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。