スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川原に市が立つ日曜日 [クチャ/庫車]

IMGP6338



11月22日 日曜日

12時頃起床。新疆時間は北京と4時間時差があるため、まだ早い。
宿の向かいの回民食堂で丸子湯を食べる。
なかなかうまい。饅頭(マントウ)が二つ付いてきた。
にんにくの新しいのがテーブルに山盛りになっていて気持ちが良い。

1路バスで団結橋へ。旧市街はすでに沢山の人だかりが出来ている。
今日は日曜バザールだ。
橋の上から眺めると川原に沢山の馬、ロバ。
近郊の農家からいろんなモノをつんで、集まって来ている。
アヒルや鶏、魚、野菜、各種スパイス、衣服、飴など、
色とりどりの品物を並べた荷台と、それに集まる人々。
ウルムチのウイグル街もそうだったが、
どこからこんなに湧いてきたかと思うほど道中を人が埋め尽くしている。
休日の渋谷やアメ横もかくやと思うほど。

川原で停まっていた馬車にカメラを向けた時、
馬主のおじさんは自慢げに胸を張って微笑んだ。
何かをさかんに伝えようとしてたが、ウイグル語で分からなかった。
多分、良い馬だろ!という感じ。



表通りの人民路を折れ、南にしばらく下ると、
一条の屋根付きバザールが東西に交差している。
西側は、生肉や皮革を売る店が並び、
東側には屋台が十軒ほど並び、内臓料理を供している。
煮た肺やら心臓が無造作に並び、湯気を立てている。
屋根の間から光が差し、
湯気の立つ内臓を食べている一組の老夫婦を照らしていた。
カメラを向けると、おばさんが最初驚いて、
次には嬉しそうに照れながら笑い、隣のだんなさんに知らせた。



今日は天気がすぐれないものの、夕方辺りから
ほんの少し橙色の陽が射してきた。
数時間歩き回り、歩きながら宿のほうへ向かう。
新市街の方の農貿市場も、今日は身動きが取れないほど人で溢れている。
日が暮れるまで市場で過ごし、宿へ戻った。


夜はいつもの食堂へ。
羊串2本と青菜伴麺、ビール1本を頼む。
店の兄ちゃんと話し込んだ。
23歳の彼は、車の免許を自慢げに見せてくれた。
いくつかウイグル語のフレーズを教えてもらう。
「クチャには今度いつ来る?」と問われた。
答えにくい質問だ。
良い街だと思うのでまた来たいと思うが・・・
今度来る時は、夏の新疆が良いだろう。

 



IMGP6358
ロバ、ロバ、ロバ!





IMGP6354






IMGP6321_0001
自慢の馬を撮らせてもらう





IMGP6350_0001
スパイス





IMGP6305






IMGP6399






IMGP6375
ほかほかに蒸された内臓





IMGP6369
内臓料理を食べる夫婦





IMGP6394_0001
ナン





IMGP6365_0001
白菜





IMGP6380_0001
林檎





IMGP6374_0001
鶏の丸焼き





IMGP6435
おじさん





IMGP6432_0001
カラフル





IMGP6450_0001






IMGP6155
いつもの食堂の兄ちゃん





▼ブログランキング参加中です。
 一日一クリック、よろしくどうぞ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tabinomanimani.blog24.fc2.com/tb.php/207-7b66a42f 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。