スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

街角スナップ [カシュガル]

IMGP6730_2
カシュガルの古民居街は夜、ライトアップされる。
到着当日、校外の鉄道駅からバスで市街に近づいた時、
小高い地形に要塞のようにそびえているここが真っ先に目に飛び込んだ。



IMGP6519_0001
こちらは昼間。古民居街を散歩してみた。



IMGP6518_0001
古民居街の子供達。



IMGP6526_0001
落書き中の子供達。



IMGP6659
カシュガルは、古くは“疏勒”の国都として登場する。
その後10世紀、カラハン朝の首都として大きく発展したからだろうか、
当時の遺構を随所に見かける。



IMGP6482_0001
街の中心へ行ってみた。ヘイトガーフ寺院の周辺。
この辺り、道行く人はウイグル人ばかり。



IMGP6480_0001
カシュガルも、新住民は新市街に住む。そのため旧市街に漢人をみるのは稀である。
ましてや漢人がウイグル人食堂に入るなんて事は無いようだ。
漢人寄りの風貌をしている自分は、食堂へ入ると、
けげんな目で見られたり、どこから来た?と驚かれることも多かった。



IMGP6658
開発の進むカシュガルでは選別されたエリアのみが旧市街として残る。
旧市街として指定されたエリアでは、
住居の新築・改築には、擬古的デザインが義務付けられている。
こうして、どんどん“新築”の古い建物が増えていくようだ。
北京の前門大街を思い出した。



IMGP6472_0001
街の中心にある金曜モスク、ヘイトガーフ・ジャーミー。



IMGP6984
やはりこういうのは走っている。スローガン“人民を視ること父母の如し”



IMGP6627_1
バザール



IMGP6629_0001
バザール



IMGP6630
バザール



IMGP6609
瓜類が豊富にあった。新疆のメロンは哈密(ハミ)瓜が有名だが、
ここらでは、伽师瓜(かーしーぐわ)と呼ばれるものがある。



IMGP6656
鍛冶屋や、



IMGP6574
刃物屋を多く見かける。



IMGP6685
ここでもロバ車が大活躍。



IMGP6536_0001
夕暮れ時。



IMGP6545_0001
ヘイトガーフ周辺は夜も露店で賑わう。うまい魚も売っている。



IMGP6997
ナンも当然売っている。



IMGP7154
カワップ。一串0.5元(7円弱)からと安いのは、サイズが小さいからか。
ここらの羊串は塩味だけで食べるようだ。味の違いで遠くへ来たと感じる。


串焼うまそうでしょ。
ってことで、次回羊串の話。



▼ブログランキング参加中です。
 一日一クリック、よろしくどうぞ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


[写真]
PENTAX K20D + PENTAX-DA★ 16-50mm F2.8
PENTAX K20D + PENTAX-FA 31mm F1.8AL Limited
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tabinomanimani.blog24.fc2.com/tb.php/214-e644ec2d 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。