スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美味しいスメタナに出会う [ビシケク / キルギス]

2010.12.18 ▲キルギス
R0014459


これまでロシア料理というものに馴染みが無かっただけに、
旧ソ連に初めて訪れて、いろいろと驚きがあった。

長らく中華圏で過ごしたので、国境を越える時、
うまいメシからは当分遠ざかるのかな、と一抹の不安があったが、
所変われば、品変わる。
こちらはこちらでウマイものがある。

キルギス人は遊牧生活が長かっただけに、食はシンプルだ。
それでも、ロシア料理のバリエーションも含めれば、色々なメニューが食える。
特に、肉の加工品や乳製品はウマイと感じた。

例えば、中国でチーズを食べようと思ったら(日本でもそうか)、
かなりの大枚を叩かなければ、うまいチーズは食えない。
これは毎日食べるほどには根付いていないものだから、仕方が無い。
それほど、キルギスに入ってからは、食文化の違いを感じ、
ここならではのウマイものに沢山出会った。
ハム、サラミ、チーズ、ヨーグルトなどなど。
変わったものではサーラという豚の脂身の塩漬けがうまかった。



で、上の写真のスメタナ。
これはサワークリームのことだが、
スープに入れても良し。パンに付けても良し。
からいものに入れても良し。甘いものと合わせても良し。
と、とにかく万能。
チーズ的なコクと、ヨーグルト的な酸味と、クリーム的なまろやかさ、
全部あわせ持ったような、ツワモノです。

とはいえ、自分の用途のほとんどは、
パンとスメタナとサラミを用意して、ただ食べる。
と、極めてシンプルなんですがね。



R0014117_0001
ボルシチ(ビート=てんさいのスープ)にもご覧の通り、スメタナが入っている。















▼ブログランキング参加中です。
 お気に召しましたらお一つクリック、よろしくどうぞ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tabinomanimani.blog24.fc2.com/tb.php/227-701782e5 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。