スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死滅してゆく海

IMGP7764_1





カーン、カーン、カーン、
ひと気の無い雪原に響き渡っている。
錆びた船の残骸をツチで打つ人が独り。鉄クズを売るのだろうか?
音だけが、だだっ広い海の亡き骸の中に響き渡る。

元アラル海を歩いてみた。
海が干上がり、むき出しになった海底は、見晴らす限りの雪原。
海だったと知らなければ、ただの雪原と思っただろう。
が、港だった旧岸には船も置いてあり、
雪原の真ん中にもさびきった船の残骸がポツンと取り残されている。
 
足元でサクサク音がする、と思ったら、
貝殻がたくさん落ちていた。いや、落ちているのではない。
かつて、そこを生きていた無数の貝たちが、
干上げられ、地表に出て、果てただけだ。
元来、そこが貝たちの生き場所だったのだ。
凄い。
人間はここまでのことが出来てしまう生き物なのだ。





IMGP7774





R0014629















▼ブログランキング参加中です。
 お気に召しましたらお一つクリック、よろしくどうぞ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tabinomanimani.blog24.fc2.com/tb.php/233-d5a8365c 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。