スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もののあはれとシムケンと

IMGP7931



シムケントは坂の多い、くすんだ街だ。
あまつさえ、訪れた時には曇っていた。
カザフ西南部で最大の街というシムケントを、僕は、
何か面白いものを見つけてみようと思いつつ一日中ほっつき歩いた。

はじめてアイルランドのダブリンを訪れた時、
なぜか「東欧的」だと感じたが、
曇天と、くすんだ色の建物、それでもなお、
ポップな色づかいでちょっと自己主張している建物たちが、
物悲しい感じで、いじらしくもあった。

とはいえ、こういう何も無い街で、何かを探してみようと歩き回っても、
結局、何も見つからなかったりするもの。
一日歩きながら、頭の中を巡っていたのは、
シムケント、しむけんと、しむけん、志村けん、
という下らない駄洒落だけ。
それもまた、物悲しい。「もののあはれ」の「あは」の部分かな。
そういえば、日本語の「は」行は、古代「ぱぴぷぺぽ」、
中世「ふぁふぃふふぇふぉ」と発音したらしいが、
平安の頃はどっちだったのだろうか?
「もののあぱれ」よりも「もののあふぁれ」であってほしい。





IMGP7941





IMGP7940





R0014813





R0014835





R0014828





IMGP7954

















▼ブログランキング参加中です。
 お一つクリック、よろしくどうぞ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tabinomanimani.blog24.fc2.com/tb.php/242-0ac43cd4 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。