スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルマティの勇者 [カザフスタン]

IMGP7709



上の写真は、アルマティで出会った柔道家。
“オレはアルマティ・バートル=アルマティの勇者”だと言っていた。
おお、バートル!普通に使うのか、と驚いた。

勇者・英雄を意味する「バートル」の語は、
モンゴル語、テュルク語のみならず、
ペルシアや南アジアへも形を変えて拡散しているみたいだ。
ネパールで仲良くしていた人の名前も「バハドール」だったし。
(南アジアへはムガル帝国経由で入ったのだろうか。→ムガル帝国の前記事
モンゴルの首都は言うまでも無く、ウランバートル=赤い英雄。
ウズベクのサマルカンドの名物宿は、ボホディールだし。
匈奴の冒頓単于の「冒頓」は、
この語「バートル」 の音写だったと言う話もある。


それに、カザフでは、アミール・ハンとか、テミール・ハンとか、
「ハン」の付く名前の人にちょくちょく会った。
「チンギス・ハン」のハンですね。
古くは鮮卑の頃から、遊牧世界で王を意味した「ハン」の名称は、
モンゴル帝国以降、帝国領内に広まった。
「ハン」もまた、南アジア方面に流入していた。
ボリウッドの人気俳優は3「カーン」。
シャルク・カーン、サルマン・カーン、アミール・カーン、だし。

「ハン」の称号は、チンギス家の流れを汲む者のみに許されたが、
時代が下るに連れ、血筋に関係なく名乗るようになる。
今では皆が仲良く名乗っているから
「ハン」の称号も民主化が進んだってことかな。

さて、
最初に日本を出たのが2008年12月3日。
丸2年の間、ぐるぐると色んな場所をほっつき歩いて、
色々な人に出会ってきました。
フトした所で、遠く離れた場所同士でも、何かしら繋がっているものがある。
そんなものを見つけた時に、自分は嬉しく感じるようです。

もう2010年も暮れようとしてますが、良いお年を!
来年も皆様にとって良い年でありますように。



IMGP7748
テミール・ハンさん。カザフスタン、アラルスクにて。



IMGP1142
何とか・カーン君。インド、アグラにて。
タージマハルの街アグラには、ムスリムが多く住む。



IMGP9542
バハドールさん。ネパール、カトマンズにて。













▼ブログランキング参加中です。
 お一つクリック、よろしくどうぞ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tabinomanimani.blog24.fc2.com/tb.php/244-a72f8a02 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。