スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震によせて

2011.03.18 ・雑記帳
こんにちわ。
わたくし只今トルコのシャンルウルファにいます。

東北震災のニュースは、こちらでも引切り無しにニュースになっています。
被災された方々には、心からお見舞い申し上げます。
当方実家は東京ですが、連絡を取ったところ幸い皆無事との事でした。

最初、地震のニュースはイラクのアルビールにて知りました。
3/11は、反フセイン政権蜂起の記念日で大統領演説を含む大きなイベントがありましたが、
その会場でたまたま会話した人が、日本でマグニチュード8以上の地震が起きた、と教えてくれたのでした。

その後、限られた環境下ながら、毎日のようにニュースを追っていましたが、
日に日に被害の全貌が明らかになるにつて、ただただ呆然としました。

現地の人らも同様に、日本からの映像を大きな関心を持って見ているようで、
繰り返される報道で、「ツナミ」という単語を今では誰もが知っているほどです。
こちらが日本人と分かると、励ましの言葉をくれたことも数え切れません。
遠く離れた場所で悶々としていた身としては、これはとても励まされました。

自分は今、日本の災害からは遠く離れた安全な場所にいて、
安穏としているような気分に苛まれもしましたが、
息せき切って帰った所で何の足しにもならないのも事実。

今はただ一日も早く、皆さまに落ち着いた生活が戻ることを祈っています。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tabinomanimani.blog24.fc2.com/tb.php/249-b1580900 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。