スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

餃子日記 その1

2009.01.12 ・餃子も好き
餃子もユーラシアの遊牧民によって運ばれ、
大陸の東西に渡って広く分布しているとにらんでいる。

なんてことは置いておいて、
餃子も単純に好きだから、食べ歩きます。



[日本]
o-syo
言わずと知れた、「餃子の王将」。
王将の餃子定食は、12個も入っていて600円とリーズナブル。

IMGP0780
京都の祇園さんの隣にも「王将」。庶民には無くてはならない存在です。




[韓国]
mandu
韓国では「マンドゥ」と呼ぶようで、
よく街角の屋台で焼いている。

漢字で表すと「饅頭」だと思うのだが。
仮にそうだとして、「饅頭」が表わすモノが、
日本=甘いアンコの饅頭、
韓国=餃子
中国=パンの一種
と違っていて面白い。




[中国]
jianguomen
[北京にて。27個で6元と安い]

中国の北半分は麦食文化、南半分が米食文化。
こちらの餃子屋は大概「東北名物」を名乗ることで売りにしている。

他にも、小籠包は杭州、ラーメンは蘭州、米線(米麺)は南の桂林や昆明、
と、料理の違いが地名と結びついている。
札幌ラーメンや博多ラーメンのように
同じ料理で地域ごとに競っている日本とは対照的で面白い。

基本は写真のような「水餃(しゅいぢゃお)」。
焼餃子は、「鍋貼(ぐおてぃえ)」と呼ばれる。
日本の「餃子の王将」でも
餃子を頼むと店員が、
「いーがごーてい」とやってますよね。
あのごーていです。

北京の家庭では、夜、水餃を食べ、
次の朝に残った餃子を焼いて食べる、
なんて話も聞いた。




▼押すとご利益あるかも・・・ 応援クリックよろしくどうぞ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



★「餃子日記」一覧
 餃子日記その1 ~日中韓食べ比べ~
 餃子日記その2 ~本場・山東省の味~
 餃子日記その3 ~チベット編~
 餃子日記その4 ~ネパール編~
 餃子日記その5 ~ラダック編~
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tabinomanimani.blog24.fc2.com/tb.php/25-19b33dc7 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。