スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100%死ぬんですか?  [狂犬病のはなし]

R0016602_1





猛犬に囲まれた。

廃城を登ったところの、だだっぴろい雪原の中、
どこからともなく犬の吠え声が聞こえた。
声は次第に大きくなり、その数も増えた。
一匹、また一匹と、あるものは駆け足で、あるものはのろのろと近づいてきた。
気付くと5匹ほどの犬が吠え立てる中に自分がいた。

広い雪原に独り、視界に人は無し。
しばらく様子を見たが、犬どもは吠え続ける。

途方に暮れてるうちに、
「犬肉を食うと、犬も寄り付かなくなる」という話を思い出した。
そうだった。むかし南方で犬肉シチューを食ったことがある。
犬に向かって「食うぞ!」と威嚇してみた。

あまり効果は無かった。

仕方が無いので、カメラを入れた肩掛けカバンをぐるぐると、
自分を軸にコマのようにして振り回してみた。
距離を保てれば退路が得られると思ったのだ。
5匹の犬はじりじりと後ずさりつつ距離を取る。

そのうち、幸か不幸か、1匹の頭にカバンが命中した。
犬は、キャイーンと言った。

頭を殴られた犬は怒ったらしく、
一度5メートルの距離まで下がった犬ども
そのうちの一匹が助走を付け、こちら目掛けて走ってきた。

すねを狙われた。
低い姿勢で走ってきた犬。左のすねに衝撃を受けた。
当たった瞬間、足をよけた。が、牙が引っかかりズボンが裂けた。

こりゃかなわんわん、と観念し、カバンを振り回しながら全速力で逃げた。
積雪の中、犬より速く駆けた。

ほどなく、城の門の辺りまで逃げると、
管理人のおばさんがひょっこり出てきた。
おばさんが大声で犬どもをたしなめると、犬どもはそれ以上追っては来なかった。

自分は同情を受け、管理人の部屋に呼ばれた。
どうやら日中は家族が団欒しているようで、
おばさん、おじさんの他、娘さん二人とお孫さんがいた。
娘さんは美人だった。
こんな美人さん、3年に一度でも見れればラッキーじゃないか?というくらいの。

ま、それはそれとして、
その美人の娘さんは破けたズボンを縫ってくれ、傷口を洗うためにシャボンをくれた。
(その時気付いたのだが、ズボンの上から犬の牙が当り、その圧力で地が滲んでいた。)
一家の長のおじさんは茶と食事を用意してくれた。

終わりよければ全て良し。
なんだか、満たされた気分になって、城跡を後にした。



とはいえ、"出血"していたことが気になって、病院に行こうと思った。
「狂犬病」の恐れが万が一にも無い訳でもない。

地元の人に説明して病院の所在を聞く。
「犬にやられた?どれ見せてみ。なんだこの程度なら大丈夫だろ。」
と言ったリアクションがあるだけ。
半日探したが、病院は見つからなかったし、
自分でも「この程度なら大丈夫だろ」と思ったので、
とりあえずネット屋で狂犬病に関しての情報収集をしてみた。

そうしたら、驚愕の事実が。



以下、調べた結果。
狂犬病の感染から発症に至る流れを書いておくと、次のようになります。

【感染】
狂犬病ウイルス持ちの動物の唾液から伝染する場合が多い。(動物とは犬に限らない)
咬み傷のほか、目・唇など粘膜部を舐められた場合も危険性が高い。

【潜伏】
潜伏期間は2週間から2年程度。最長で8年という記録もあるらしい。
咬み傷から脳への距離によって異なり、脳に近いほど発症は速い。

【発症】
発症後の死亡率はほぼ100%。


とまあ、
狂犬病は、発症してから死ぬ可能性はほぼ100%、怖いですね。
とはいえ、狂犬病持ちの動物に噛まれても発症に至るケースは少ないようだ。
というのも、狂犬病ウイルス自体は弱いウイルスで、
咬み傷を受けたらすぐに傷口を石鹸でよく洗ってから消毒すれば、大半は死滅するらしい。
もちろんワクチン接種も必要だが。

自分の場合、
傷は犬の牙がズボンの上から当った圧力で出来た傷だったし、
(寒かったので下穿きもはいていたし)、傷口に唾液が入った可能性は無い、と判断した。セーフ...

ちなみに、狂犬病持ちに噛まれた後のワクチン接種は、噛まれた「当日」にまず受けなければいけない。
だが、このワクチンが存在しない国や地域もある。
現に、タジキスタンの場合、狂犬病が確認されているが、医療機関にワクチンは無いらしい。
これを知った時にはぞっとした・・・

みなさんも気をつけてくださいね。
(命に関わることなので、詳しくはコチラ等でどうぞ→ wikipedia「狂犬病」



▼ブログランキング参加中です。
 お一つクリック、よろしくどうぞ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tabinomanimani.blog24.fc2.com/tb.php/255-409eb28b 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。