スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪のパミール行Ⅰ  [タジキスタン/バダフシャン自治州/ホルーグ]

寒い時に寒いところへ行きたがるのは、冬生まれの悲しい習性かも知れない。
でも、夏以上に冬の方が、心も身体も活動的になるのだから仕方が無い。
とりあえず行けるところまで行ってみよう、とパミールへ向かった。
まずは、パミールの入口の町ホルーグを目指す。


では、たまには旅行記らしく書いてみましょう。



【パミール旅行 一日目】

R0015374
ドゥシャンベのアフタバグザール=車駅。出発の日は雨だった。




IMGP8418
前日に値段を聞きに来たら、この頼り甲斐のありそうなドライバーのおっちゃんと出会った。
ホルーグ200、イシカシム250ソモニと言った。




IMGP8420
10:00出発と言っていたが、客が集まらない。




R0015379
待つ間にメシ。アフタバグザール内の食堂にて。




R0015378
ここのラグマンは美味かった。
キンザ等の香草やカイマック(スメタナ)が入っている(茶、ナン付で7ソモニ)。

結局、客が全員集まり出発したのは 17:30頃。半日ジープ乗場で過ごしたことになる。




R0015396
夕食は、羊肉と玉ねぎ、ナン、茶、ウォトカ。肉は美味かった(10ソモニ)。

その後もドライバーのおっちゃんは夜通しで運転だった。




R0015399



R0015400






【パミール旅行 二日目】

IMGP8424
「山だぞ!写真、写真」 というドライバーのおっちゃんの声で目覚めたのは、翌日6:30頃。
迫力のある山に囲まれた谷間、パンジ川沿いの道を進む。対岸はアフガニスタン領。




R0015456
こんな所に道路を通すのは大変なことだ、と思うと、
延々と砂利道が続こうが、文句は浮かばない。




IMGP8438
朝飯は町に停まり、ソーセージ、目玉焼き、ナン、コーヒーを頂く。
お代は同乗者の一人が全員分を払ってくれた。




R0015431
昼食は車中で、同乗の女子が持ってきていたナン、くるみ、アーモンドなどをみんなで頂いた。




R0015464
雪路を走る車は2度ほど滑って、半回転して車の向きが前後反対になった。
おっちゃんは笑っていたが、場所が場所だったら死んでいたな。




R0015426
パンジ川対岸はアフガニスタン領。集落が見える。




18:30、ホルーグに着いた頃にはすでに暗くなりかけていた。
パミールロッヂという宿泊施設をあてにしていたが、分からないので訊ねると、
男二人が親切にも案内してくれた。お礼にタバコをあげた。


19:00パミール・ロッヂで、ナン、パスタ、茶の夕飯を頂く。ほっとする。
英語の達者な女性がおかみさんのようだ。小さな子供が二人。姉と弟のようだ。


<つづく>


▼ブログランキング参加中です。
 お一つクリック、よろしくどうぞ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tabinomanimani.blog24.fc2.com/tb.php/260-5f2a01bf 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。