スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きているレギスタン  [ウズベキスタン・サマルカンド]





レギスタン広場には毎日通った。
僕の今回の旅の目的地を一つだけ挙げるとしたら、それはウズベキスタンで、
その中でさらに一つを挙げるとしたら、レギスタンだった。
何年も前からここを訪れたいと想っていた。

レギスタンの建築群は綺麗だ。
いずれの建物も修復され、新築然といてしている。
古写真に見えるような、朽ちかけている姿の方が味があると言えばあるのだが。

一番来たかったところに来た。
サマルカンド郊外にバスで到着し、市内バスで中心部に向かいながら
遠目に巨大な建築群が見えた時には、心が沸き立った。
初めてその姿を見る瞬間は興奮する。
けど、一日二日すると、それも落ち着いてくるものだ。
ずっと会いたかった人に、会うまでが一番盛り上がっていたりするのと同じで。

レギスタン広場には地元の学生が良く集まっている。
サマルカンドを紹介するガイド本などには、
この街の大学には日本語学科があり、
街中で日本語で話しかけられることもしばしば、と書かれている。 
実際に多い。
写真を一緒に取ろうという人、日本語や英語を練習したいという人、
自宅に誘ってくれる人 etc.

観光客の集まる広場は、彼ら彼女らにとっても、かっこうの場所なんだ。
そんな生きてる広場だから、毎日通ったのかもしれない。



▼ブログランキングです。
 お気に召しましたら、お一つクリック、よろしくどうぞ。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tabinomanimani.blog24.fc2.com/tb.php/274-691e66bc 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。