スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バザールでしょ? いや「ボーゾール」です。






ウズベク語で市場=バザールは、「ぼーぞーる=bozor」です。

バザールはボゾール、チャイハネはチョイホナ、パキスタンはポキストンなどなど、
タジク語でも A の音が O に訛化しましたが、
このマーワラーアンナフル(トランスオクシアナ)周辺に共通の特徴なんでしょうね。
それで言うと、リシタンもリシトンとするべきなのか…。

リシタンの人たちは、ウズベク語とタジク語のバイリンガルが多い。
この地域ではもともとペルシア系言語が支配的だったのが、
1000年位前から徐々にテュルク化が進んだと言われます。
今なお二つの系統の言語が両立して使われていることや、
音韻的に共通する特徴を残していることは、面白いですね。

というか、
バイリンガルどころか、
ロシア語や英語や日本語「も」加わる人も多いわけですが…
商胡の伝統(?)おそるべしです。

そんな商売の民の原点(?)ボーゾールを紹介。
ウズベクでは数々の市場を見ましたが、リシタンが一番好きです。
大きすぎず、小さすぎず、彩り華やかな市場です。






リシタンの台所って感じですね。






スパイスの種類も結構そろっている。手前には漢語で「味鮮精」と書かれた味の素も見える。






とにかく賑わってる市場。屋根外までも商売してます。






この辺りでは、肉は吊るして売ります。






米は、1kgが1$くらい。






芋、玉ねぎ。 根菜屋さんですね。






ナン? ノンです。





青々。






リシタンの街自体がそうなのですが、ボゾールはさらに民族衣装率が高いです。






男どもはそうでもないのだが。 あ、髪型直してるとこでしたね… 






ところで、ボゾールを歩いてると、
どうみても親子だなー、と思う組み合わせが多いのです。






彼女らも親子っぽいですね。






こちらも親子&親戚でしょうか






この子たちも姉妹か親戚同士っぽい






眉毛はこの辺りのファッションです。





▼ブログランキングです。
 お気に召しましたら、お一つクリック、よろしくどうぞ。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tabinomanimani.blog24.fc2.com/tb.php/276-e0257d89 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。