スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウズベキスタンのラグマン  ~麺紀行10~

2011.12.24 ・麺が好き
さて、麺を食べる旅もここのところラグマンばかりですが、
今日もばくばく行ってみましょう。




サマルカンドの名宿バホディルの夕食は三日に一回ペースでラグマンだった。
ご覧の通り、芋などの野菜と羊肉を煮込んだショルポ(スープ)の中に麺を入れたもの。
麺を食べるという感覚ではなく、スープの具の一つと捉えた方が良いのだろう。
東アジア人的な麺食の感覚で臨むのは、タブーかも知れない。
ノン(パン)、サラダ、果物、チョイ(茶)、と彩りもバランスが良いですね。







町の食堂で食べたラグマン。見た目がなんとも言えず、素朴ですね。
味はあまり覚えていないのだが、濃い味だった気がする。
味覚は生粋の関東人の自分がいうのだから、相当しょっぱかったのだと思う。
刻んだディルの上にスメタナが乗っている。盛り付けがおしゃれですね。
ウズベクの食卓は、彩り華やかで盛り付けの妙もありキレイだと思います。



急に思い出したのだけど、
中国から旧ソ連最初の国キルギスに入って、
最初の宿は、おばさんの顔が怖いことで有名な宿だった。
が、部屋に入り、なかを見回して見ると、
窓枠の前に、可愛らしい花瓶に小さな造花が挿してあった。
自分はそこに、それを飾った人のちょっとでも部屋を綺麗に飾ろうとする、
さり気なくも、けな気な努力を感じたのかもしれない。
それで、なんとなく、じわーっとほっとしたのを覚えている。
中国ではあまり触れることのない感覚だったからだろう。

あの花を飾ったのが顔の怖いおばさんでも
可愛らしい20歳くらいの娘さんでも、今はどっちでも良い。
キルギス・オシュの騒動でバザール内のその宿も無くなってしまったらしい。



▼ブログランキングです。
 お気に召しましたら、お一つクリック、よろしくどうぞ。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


※過去の「麺」記事はこちらへどうぞ→ぽち

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tabinomanimani.blog24.fc2.com/tb.php/290-ce2a1db4 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。