スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イロのある世界  [タジキスタン]





春に再訪したタジキスタン。
山は緑で、花は紅い。

車が山を越えていく。
車窓から眺める景色だけでも飽きない。
ふだん花を愛でる習慣は無いのだけど、
よく詩に歌われる春の息吹とはこういうことなのかな。
咲き乱れるポピーは綺麗だった。

道は険しく渓流を沿って進み、たまに集落が現われる。
その全てが風景画に収まっているような姿でたたずんでいる。

こころにすーっと染み込んでくる。
雪山も悪くはなかったが、
やっぱり色が必要だ。







青い空、緑の平原、赤い花。







谷沿いを進んでいるとたまに集落が現われる。
たいがいの村が緑に豊かに囲まれている。






車窓からとっさに撮った羊飼い。後で見たらカメラ目線だった。







こういう景色にぐっとくるのは、ただの偏愛なんでしょうか。



さて、ウズベキスタンとタジキスタンを何度も行き来してますが、
今日から数回、春に再訪したときのタジクの様子をお伝えします。



▼ブログランキングです。
 お気に召しましたら、お一つクリック、よろしくどうぞ。
 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tabinomanimani.blog24.fc2.com/tb.php/295-ac7e75c5 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。