スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドゥシャンベ中華網  [タジキスタン]





4度目のドゥシャンベは、
サマルカンドの宿で意気投合したイスラエル人の旅人と訪れた。

いつもは、市内中心部に泊まっていたのだが、
今回は趣向をかえて市北のツェメント・ザヴォート方面へ行く途中の
ワルゾーブ・バザール近くの宿に泊まった。
旅行会社も兼ねているここの宿のオーナーはタジク人だが、
日常的なことを任されているのは、中国人の女の子だった。

宿近くの交差点には大きな中華料理屋もある。
同行の友人は中国を旅したことがあり、中華のファンだ。
覗いてみようということで店に入り、
店員に挨拶をしてメニューを見せてもらった。
賑わっている店内の喧騒が一瞬遠ざかり、二人して目を合わせた。
(た、たかい…)
店員に対しては 「う、うまそうだね。今度食べに来るよ」 なんて
中国人っぽいメンツの保ち方をなるべく心掛けて、店を後にした。

結局、交差点向かいの半屋外のレストランで、ケバブとショルポをいただいた。
タジク人と言えども呑む人はウォッカで乾杯してる横から流れるアザーンの声を聴きながら。



ドゥシャンベでやらなければいけないのは、
バダフシャン自治州への入境許可証を取得すること。

二日目さっそく中央オヴィール(外国人登録事務所)へ赴いた。
一通りの手順をクリアし、窓口へたどり着いたが、
50ソモニと言われた。手数料は5ソモニと聞いていたから10倍だ。
なぜそんなに高いのだ?と声高に訊ねると、
いやなら結構、と、権威主義の権化のような表情で言われ、
その後は取りつく島もないような始末。
(ああ、そうか、今のは個人的な賄賂の要求だったのか。
 大声出したのがマズかった…)
と気付いた時には時遅し。

仕方がないので、他のオヴィールを当たることにした。
この辺の役所での申請方法はだいたい同じみたいで、
最初の受付で要件を言い、手数料(印紙代)を払うと、
請求書を代書してくれ、次の窓口を指定してくれる。
最初の受付は行政書士のような役割なのだろう。

ここでも最初の手順は難なくクリアし、
受付で指定された窓口へとおもむいた。

並ぶほどの人間もいないので、(簡単だ)と思ったのもつかの間、
窓の向こう側には人がいるにも関わらず、こちらに対応しようとしてくれない。
閉じていたり休憩中の訳でないのは、横から入ってくる人に対応しているので明白。
意図的に無視されているようだ。
(ここも賄賂なんだろか? 
いや、しかし、そうだとしたら金額くらい言うだろ。訳が分からない。)

現地人に聞いてみても、じゃあっちの窓口だと言うだけだ。
一応トライしてみる。 
ってことで、窓口①と④を何度往復したことやら。
しかし、何度トライしてもダメなものはダメだ。



友人がそのうち気を利かせて、英語が話せる人を路上で見つけてきてくれた。
中国人の学生だった。
ウルムチ出身の彼は、医者の父とともに、ロシアやタジキスタンに暮らして久しく、
ロシア語堪能。今はドゥシャンベの大学に学ぶ、という。
彼の話を聞いているうちに、許可証のことそっちのけで、
ウルムチにはこんな国籍無用な人間が育つのだなあ、と妙に感心してしまった。

彼の登場で助かったのは、英語が通じるということ以上のものだった。
彼はオヴィールに知り合いがいると言って、その知り合いに掛け合ってくれた。
また、友人の車を呼び出し、これまた他の事務所へ一緒に行き、掛け合ってくれた。

こういう時の中国人のネットワークは非常に助かる。
ネットワークの上に一度乗ってしまえば、全てが円滑に進む。
しかし、中国では何度も世話になったものではあるが、ここタジクでまさか、という感じだったが。

タジク人の友達がウルムチの彼に、
「中国と日本はあれなんじゃないのか?」とこっそり聞いていたのが聞こえた。
(本来は仲が悪いんじゃないの?と聞いているのが分かった)
彼は、いやまあ、こういう時はね、と流していた。
「こういう時」
ただ路上でいきなり頼みこんだだけなのに。





▼ブログランキングです。
 お気に召しましたら、お一つクリック、よろしくどうぞ。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tabinomanimani.blog24.fc2.com/tb.php/296-ae9f671b 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。