スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラサ日記  (チベットメモ2)

2009.02.07 ▲チベット
lasa

ラサに着いたのは、夜の10時過ぎだった。
Yak Hotel(亜賓館)まで行ってくれと頼むと
自分のことを漢族と間違えたタクシードライバーは、
「あそこは危ない。他に良いところある」と、すすめられた。

Yak Hotelのある北京東路周辺は、昨年春の蜂起の中心地だったという。

夜着くと、まだ10時だというのに、まっくら暗い。
商店のシャッターは軒並み閉まっていて、
街の辻ごとに武装した兵隊が5人単位で立っている。
道路には、装甲車も行き来している。
ものものしい。


今年の春節(旧正月)は、1月25日。
中国では、春節前後の1週間ほどが長期休暇になり、盛大に祝う。
チベット暦の新年は、また別にあるものの(2月28日)、
ここラサでも、春節の日は、
盛大に花火が上がり、街中で爆竹が鳴り響いた。

危ないのは、ちびっこ。
道路の反対側から、火の着いた爆竹をバンバン投げてくる。
道行く人の足元で爆裂し、アヨーと叫ぶ光景がそこここで見受けられる。

ちびっこの爆竹は、
5人編成で巡回する人民解放軍に対しても投げられた。
爆竹が、隊列の真ん中辺りで大きな音を立てて、爆発する。

テロルではないか!?

と、ヤジウマ的には心がときめく。
でも、幼な顔の人民解放軍の皆さんは、楽しそうに笑っている。
なかなか寛大だ。
彼らも幼い時から、春節の爆竹には慣れ親しんでいるんだろう。



R0011437_1
[ラサ駐在の兵士はみんな若い。]


lasa
[爆竹準備中。]


[響き渡る爆竹音。]




▼世の中の兵器が全部爆竹だったら良いのに、と思ったら!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tabinomanimani.blog24.fc2.com/tb.php/41-85f8073c 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。