スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラーメンの母を訪ねて。 [蘭州(らんぢょう)]  ~麺紀行3~

2009.02.04 ・麺が好き
R0010829

みんな大好き!ラーメン。
日本人の国民食です。

でも、なぜ「ラー」メンと呼ぶのか?


「麺」のことを、中国では「麺条(みぇんてゃお)」と呼ぶが、
一口に麺といっても、カタチや長さ、作り方など様々。

その中でも、「拉麺(らーみぇん)」とは、
「拉」=「引っぱる」麺のことをいう。

その名の通り、
生地を丸くこねた後、
引っぱって伸ばす、
引っぱって伸ばす、
ということを繰り返し、
食べ頃の細さに仕立てるもの。


R0011211


この「拉麺」が、
日本の「ラーメン」の語源になっているというのが
もっぱらの説です。

イスラム帽をかぶった回族があきなう
「正宗 蘭州牛肉拉麺」の看板をかかげた店は、
いまや中国全国のどの街でも探すことが出来る。

注文後、一品づつ手で伸ばして出す麺は、
本当に美味しいと思う。

今回は、世界のラーメンの総本山である
蘭州でラーメンを食べてみた。




■蘭州牛肉拉麺
R0011015
香菜、ねぎ、辣椒、そして牛肉の4つの具を入れるのが基本。




■名店訪問
R0011225
蘭州の名店と言われる「馬子禄牛肉面」へ行ってみた。

R0011216
すごい行列。中国人がメシを食うために行列を作るのを初めて見た!

R0011219
麺ゆで、具のせ、スープ掛けと流れ作業。

R0011222
一杯3.5元。辣椒が多めで少し辛い。
有名店だからといって、必ずしもうまくは無い。




■蘭州食べ歩き
R0011213
蘭州では、わざわざ「蘭州」牛肉拉麺とは名乗っていない。

R0011245
全国チェーンの店の総本店があったり、と。

R0011244
とにかく、蘭州では街中に拉麺屋があふれている。

ラーメン好きには、天国のような街。

1泊2日の滞在で、ラーメンを5杯も食べてしまった。






▼お腹がすいたら?! ひとクリックしてみよう
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tabinomanimani.blog24.fc2.com/tb.php/44-ec8cc57a 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。