スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国の食事情 (韓国の3)

2008.12.09 ▲韓国
参鶏湯
[慶州で食べた参鶏湯(サムゲタン)9000ウォン]


カルビタンでもプルコギでもメインディッシュを頼むと、
キムチを始めとしたオカズが3品以上は必ず並ぶ。とても豪勢だ。
出されたものは全部片付けないと気が済まない日本人ゆえ、
最初のうちは、たとえオカズが10品だろうと全部たいらげていた。
が、3日もすると、さすがに飽きる。
毎食毎食、メインディッシュよりも多いキムチを食べていたのだから。
よく見ると、現地の人たちは豪快に残しているし。

日本にも数回来たことがあるカフェバー経営の友人がこう聞いてきた。
「ランチでダッカルビ定食だけに味噌汁を付けているのだけど、
 他のメニューのお客さんまで、味噌汁が欲しいといって困るんだ。
 日本では皆そんな無茶言わないでしょ?」
「いや、味噌汁だったらみんな欲しがると思うよ。ただし日本では有料だけど。」

彼の店に限らず、韓国の飲食店は大変みたいだ。
オカズをケチれば客足が遠退くから、どうしてもオカズは必要経費になってしまう。
といって、客も豪快に残すからロスも多い。
友人曰く、飲食店のゴミは社会問題にもなっているらしく、
一頃よりは無料のサイドディッシュの量も減ったということだ。

彼のバーがあるハプチョン(合井)は、
出版、TV等のマスコミ各社、芸術大学などが集まる場所にあり、
人気に火が付くと、またたく間に人が集まるようになるらしい。

最近、とある日本の居酒屋チェーンが近くに開店したので行ってみたという。
入店すると「オソセヨ~(いらっしゃいませ)」の大合唱。
どうにも居心地が悪い。
韓国では絶対あれじゃ流行らないよ、と。
でも、流行らないもっと肝心な理由は、
一皿一皿が小さい上に全部有料なのがいけないのだそうな。
韓国の食の適量は、難しいらしい…



R0010267_0001
[釜山ジャガルチ市場の刺身定食6000ウォン]



▼もっと美味しいものが見れるかも??
 この記事が気に入ったら、ワンクリック願います!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


写真 上:PENTAX K20D + PENTAX-FA 31mm F1.8AL Limited、下:リコーGRD2
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tabinomanimani.blog24.fc2.com/tb.php/7-4d1373dc 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。